【CentOS】歴代バージョンのインストーラダウンロード方法

CentOS8が2021年でサポートが終了することに伴い、色々な代替えOSが出ていますが、逆に古いCentOSを使用したいと言う声も聞くこともあります。

いまだに根強く古いバージョンを使用しているところもあり、いざそのバージョンのOSが欲しいと言ってもすぐに入手するところができないと言う方もいます。
今回はCentOSの歴代OSの入手方法を紹介します。

CentOSのレガシーOSは公式サイトからダウンロード可能

CentOSの歴代のOSをダウンロードするには以下の公式ページから取得することができます。
https://vault.centos.org/

上記ページにアクセスすると以下のようにCentOSの歴代OSが表示されています。
今回はバージョン3.8をダウンロードしますので「3.8」フォルダをクリックします。

インストーラーは「iso」イメージを選択します。

インストール対象の端末は64bit版なので「x86_64/」フォルダをクリックします。

「CentOS-3.8-server-x86_64.iso」をクリックしダウンロードします。

以上が「CentOS」の歴代OSバージョンのダウンロード方法は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!