【AlmaLinux】GUIデスクトップインストール・起動手順(Mac・VMwareFusion12)

「AlmaLinux」をminimalインストールで起動した際に、GUIを使用したいときのインストール手順をまとめました。

今回のGUIデスクトップのインストール環境は以下となります。

  • ・MacPC(Intel版)
  • ・VMwareFusion12

「AlmaLinux」GUIデスクトップのインストール手順

「AlmaLinux」デスクトップインストールは以下手順で実施します。

事前に「yum group list」コマンドを実施し、リストを表示します。
「利用可能な環境グループ」で「サーバー(GUI 使用)」があることを確認します。

$ yum group list
メタデータの期限切れの最終確認: 6:06:17 時間前の 2021年07月03日 16時23分02秒 に実施しました。
利用可能な環境グループ:
   サーバー (GUI 使用)
   サーバー
   ワークステーション
   カスタムオペレーティングシステム
   仮想化ホスト
インストール済みの環境グループ:
   最小限のインストール
インストール済みのグループ:
   開発ツール
利用可能なグループ:
   レガシーな UNIX 互換性
   コンテナー管理
   .NET Core 開発
   グラフィカル管理ツール
   ヘッドレス管理
   ネットワークサーバー
   RPM 開発ツール
   科学的サポート
   セキュリティーツール
   スマートカードサポート
   システムツール

グループリストからGUIデスクトップをインストール

上記リストでGUIデスクトップインストールの対象となる「サーバー (GUI 使用)」を使用し、以下コマンドを実行します。

日本語表記でのインストール

$ yum groupinstall "サーバー (GUI 使用)"

英語表記でのインストール

$ yum groupinstall "Server with GUI"

インストール時にエラーが発生した場合

GUIデスクトップをインストール時エラーが発生し、ストップした場合は以下のページを参考にしてください。

【AlmaLinux】GUIインストール時にエラーが発生した際の対応方法

2021年8月5日

今回はオプションとして「nobest」を使用します。
「nobest」は必要なパッケージのみをインストールするようにします。

$ yum groupinstall "Server with GUI" --nobest

システム起動時にGUIデスクトップを起動させるようにする

上記でGUIデスクトップのインストールが完了すると、GIUデスクトップを起動時に使用するように、デフォルトの「systemd」のターゲットを「graphical.target」に変更することにより、AlmaLinuxが起動するたびにGNOMEを参照し、GUIデスクトップが起動できるようにします。

$ systemctl set-default graphical.target
Removed /etc/systemd/system/default.target.
Created symlink /etc/systemd/system/default.target → /usr/lib/systemd/system/graphical.target.

上記で、変更が完了したら再起動を実施します。

$ reboot

再起動後GUIデスクトップが起動

AlmaLinux再起動後、以下のように「ようこそ」画面が表示されます。

GUIの初期設定を進め完了すると以下の画面で完了します。

GUIデスクトップが使用できるようになります。

「AlmaLinux」のGUIデスクトップインストール手順は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!