ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

無償評価版ESXiライセンス取得手順

更新日:

無償評価版ESXiをインストールしても60日経過後にはゲストOSが起動しなくなり使えなくなってしまいます。

無料ライセンスの登録を行うことで60日間の使用有効期限が無くなり、無期限にESXiを使用することができますのでライセンス登録を実施してください。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

ESXiライセンス登録手順書

ESXiのライセンス取得から登録までは簡単にできます。
簡単に言えばvmwareのサイトからメール登録をしてライセンス取得し、ESXiへ登録するだけです。

スポンサーリンク


ライセンス番号取得

まずはこちらから無料ライセンスの取得します。

https://www.vmware.com/jp/tryvmware/?p=free-esxi5&lp=default

画面下にスクロールするとライセンス番号が「xxxx-xxxx-xxxx-xxxx」と書かれているのでコピー、もしくはメモしといてください。

ライセンス番号登録

ライセンスを確認したら、続いてESXiでライセンス番号の登録を実施します。

    1. ホーム⇒インベントリからサーバーを右クリックし、メンテナンスモードへの切り替えを選択します。

ライセンス1

    1. 構成⇒ソフトウェア⇒ライセンス機能を選択し右上の編集ボタンを選択します。

ライセンス2

  1. 編集からライセンスの割り当てがポップアップで表示されるので、「このホストに新規のライセンスキーを割り当てる」を選び、「キーを入力」を選択します。
  2. 右の枠にライセンスキーを入力し、「OK」ボタンを選択すれば完了です。
  3. 最後にライセンス機能の画面に
    ライセンスキーが割り当てられていたら成功です。
  4. 事後は、左のボックスにあるサーバーをクリックで「メンテナンスモードの終了」を選択してください。

ここだけは注意しておく!

ライセンス登録は、ESXiをメンテナンスモードへ切替を行わないと登録ができません!

じぶんが何度も、つまづきました。
ESXiへライセンスを反映させるためには、必ずメンテナンスモードへ切り替えることを頭に入れておきましょう。

以上、お疲れさんでした。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.