ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

ESXiテンプレート作成からデプロイまでの手順

更新日:

ESXiではベースとなる仮想サーバーの複製を作成することができます。
毎回、仮想サーバー作って、OSセットアップするのってホントめんどくさいですよね。

そんな時に便利な機能が、テンプレートとデプロイです。
ある程度セットアップができた仮想サーバーをベースとして、コピー(テンプレート作成)しておくことにより、テンプレートから新たに仮想サーバーを作成(デプロイ)することができます。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

テンプレート作成手順

対象となる仮想サーバを選択し、仮想マシンのパワーをオフにします。
デプロイ1

複製する対象仮想マシンを選択し、「ファイル」→「エクスポート」→「OVFテンプレートのエクスポート」をクリックします。
デプロイ2

「OVFテンプレートのエクスポート」画面が表示されますので、テンプレートの名前、保存先ディレクトリ、必要であれば説明欄を記載し、OKを選択します。
デプロイ3

すると、テンプレート作成が開始されますので少々お待ちを。
デプロイ4

テンプレートが作成されると以下のように、完了画面が表示されますので「閉じる」をクリックします。
デプロイ5

スポンサーリンク


仮想マシン作成(デプロイ)手順

ESXiの画面から「ファイル」→「OVFテンプレートのデプロイ」を選択します。
デプロイ6

「OVFテンプレートのデプロイ」画面が表示されますので、保存先の対象ファイルを選択し、「次へ」を選択します。
デプロイ7

「OVFテンプレートの詳細」画面で「次へ」をクリックします。
デプロイ8

「名前と場所」では仮想マシンの名前を作成します。
デプロイ9

「ディスクのフォーマット」画面で「シンプロビジョニング」を選択し、「次へ」を選択します。
デプロイ10

「ネットワークのマッピング」画面から「次へ」を選択します。
デプロイ11

「終了準備の完了」で「デプロイ後にパワーオン」(任意)をチェックし、「終了」をクリックします。
デプロイ12

以下のように複製(デプロイ)を作成しますので少々お待ちを。
デプロイ13

「デプロイが正常に完了しました」が表示されたら、「閉じる」で終了します。
デプロイ14

以下のように、新しく仮想マシンが作成されれば成功です。
デプロイ15

おつかれさまでした。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.