ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

CentOSスタティックルート設定

更新日:

CentOSのスタティックコマンドの設定コマンドをメモします。
スタティックルートは、疎通がとれる対向機器をNext-hop(踏み台)とし、疎通がとれないネットワークと通信ができる技術です。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

スタティックルート設定例

スタティッックルートの設定追加(add)と削除(delete)とデフォルトルートの追加(add)と削除(delete)コマンドを以下でメモっておきます。
スタティックルート

# route add -net 172.17.24.0/24 gw 192.168.1.254
# route delete -net 172.17.24.0/24 gw 192.168.1.254

デフォルトルート

route add default gw 192.168.1.1
route delete default gw 192.168.1.1
スポンサーリンク


再起動後に設定が削除されないようにファイルへ書き込み

せっかくスタティックルートの設定をしてもOSの再起動後には削除されてしまいます。
それを防ぐ為に直接以下のファイルへ設定を追加します。

vi /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0

172.17.24.0/24 via 192.168.1.254

デフォルトルートは、ifcfg-eht*やroute-eht*には書かないようにしましょう。
必ず、以下のファイルで設定します。

vim /etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
HOSTNAME=TESTSV
GATEWAY=172.17.24.254
# vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

※GATEWAYは書かないこと!
DEVICE=eth0
ENGINE=Ethernet
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=none
IPADDR=192.168.1.1
PREFIX=24
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0"
HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX

最後に設定を反映させる為にネットワークを再起動します。

service network restart

ルートの確認コマンドは「route」コマンドと「netstat」コマンドがありますが、solarisなどのOSにも互換性がある「netstat」コマンドをお勧めします。

# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
10.1.11.128     *               255.255.255.128 U     0      0        0 eth1
172.17.24.0     192.168.1.254   255.255.255.0   UG    0      0        0 eth0
192.168.1.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
link-local      *               255.255.0.0     U     1002   0        0 eth0
link-local      *               255.255.0.0     U     1003   0        0 eth1
default         192.168.1.1     0.0.0.0         UG    0      0        0 eth1
# netstat -nr
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags   MSS Window  irtt Iface
10.1.11.128     0.0.0.0         255.255.255.128 U         0 0          0 eth1
172.17.24.0     192.168.1.254   255.255.255.0   UG        0 0          0 eth0
192.168.1.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 eth0
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U         0 0          0 eth0
169.254.0.0     0.0.0.0         255.255.0.0     U         0 0          0 eth1
0.0.0.0         192.168.1.1     0.0.0.0         UG        0 0          0 eth1

以上です。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.