ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

DNSにおけるZone転送とNotifyの違い

更新日:

DNSを構築する上で、インターネット上の障害に備えた構成が必要です。
そのため同じZone情報を持つ、ネームサーバを複数持ちます。

この複数のネームサーバ間で、プライマリサーバからセカンダリサーバへZone情報をコピーすることを「Zone転送」と言います。

また、「DNS Notify」をス要することでZone情報をすぐにセカンダリサーバへ「Zone転送」することが可能です。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内

Zone転送の動作

  • プライマリサーバのゾーンが更新されることにより、セカンダリサーバへゾーン転送される
  • SOAレコードのシリアル値はゾーンを変更した後は必ず増加させること
  • セカンダリサーバはSOAレコードでプライマリに問い合わせた際、シリアルの更新でゾーン転送を行う

差分ゾーン転送

  • 差分ゾーンを使用することでゾーン転送の転送量を削減し、サーバへの負荷を軽減する

Notifyの動作

  • DNS Notifyを使用するとゾーン情報をすぐにセカンダリサーバへ更新させることが可能

この「Notify」の動作で、「also Notify」を使用することにより、指定したセカンダリサーバへ「Notify」を送信します。

まとめ

DNSにおいて、Zone転送はかなり重要となります。
以下は必ず頭に入れておくこと。

  • プライマリサーバのZone更新、修正することによりセカンダリサーバのZone情報も更新される
  • SOAレコードのシリアル値はZone情報が更新された際、必ず「増加」させること
  • セカンダリサーバはSOAレコードを問い合わせし、シリアル値が更新されている場合、Zone転送を実施する
  • Zone転送には負荷を軽減するために「差分Zone転送」がある
  • DNS Notifyを使用することにより、Zone情報をすぐにセカンダリサーバへ更新することができる
○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

Linuxアカデミーの資料が無料請求できます!
リナックスアカデミー【公式サイト】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-, ,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.