DNSにおけるZone転送とNotifyの違い


DNSを構築する上で、インターネット上の障害に備えた構成が必要です。
そのため同じZone情報を持つ、ネームサーバを複数持ちます。

この複数のネームサーバ間で、プライマリサーバからセカンダリサーバへZone情報をコピーすることを「Zone転送」と言います。

また、「DNS Notify」をス要することでZone情報をすぐにセカンダリサーバへ「Zone転送」することが可能です。


Zone転送の動作

  • プライマリサーバのゾーンが更新されることにより、セカンダリサーバへゾーン転送される
  • SOAレコードのシリアル値はゾーンを変更した後は必ず増加させること
  • セカンダリサーバはSOAレコードでプライマリに問い合わせた際、シリアルの更新でゾーン転送を行う

差分ゾーン転送

  • 差分ゾーンを使用することでゾーン転送の転送量を削減し、サーバへの負荷を軽減する

Notifyの動作

  • DNS Notifyを使用するとゾーン情報をすぐにセカンダリサーバへ更新させることが可能

この「Notify」の動作で、「also Notify」を使用することにより、指定したセカンダリサーバへ「Notify」を送信します。


まとめ

DNSにおいて、Zone転送はかなり重要となります。
以下は必ず頭に入れておくこと。

  • プライマリサーバのZone更新、修正することによりセカンダリサーバのZone情報も更新される
  • SOAレコードのシリアル値はZone情報が更新された際、必ず「増加」させること
  • セカンダリサーバはSOAレコードを問い合わせし、シリアル値が更新されている場合、Zone転送を実施する
  • Zone転送には負荷を軽減するために「差分Zone転送」がある
  • DNS Notifyを使用することにより、Zone情報をすぐにセカンダリサーバへ更新することができる

以上です。


関連記事


ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!