SCPの使い方と安全なファイル転送コマンド


クライアントがsshサーバを通してファイルを転送したり、サーバ間でファイルと転送したりと通常の転送では、第3者(ハッカーなど)に盗聴されたり、ファイルを改ざんされる可能性があります。

なので、sshを利用したファイル転送「SCP」の特徴と使い方をメモしておきます。


SCPとは

SCPはsshの通信経路を利用し、ファイルを送り出す(コピーする)ファイル転送方法です。

また、sshを利用することにより、正しい、クライアントかサーバかを判断するので、盗聴、成りすましの防止となり、安全にファイル転送をすることが可能です。

scpコマンドでファイルを他サーバへコピーする

CentOSで最小構成(minimal)でインストールすると、scpは機能しません。
なので、事前に「openssh-clients」をインストールしておきましょう。

# yum install openssh-clients

また、プロキシサーバを踏んでいる場合は「yum.conf」、「wgetrc」で設定をしておきます。
設定内容は以下の記事を参考にしてください。
yum、wgetをプロキシ(proxy)経由で実行するぜぃ

また、SCPを使ったファイル転送コマンドは以下のようになります。
設定はクライアントサーバから転送先サーバへrpmファイルを転送するコマンド例となります。

# scp -pr splunk-6.0.3-204106-linux-2.6-x86_64.rpm testadmin@172.16.1.1:/home/testadmin/

うまくいけばパスワードを聞かれるので、ssh(ここではtestadmin)のパスワードを入力すればOKです。

安全な、ファイル転送はできるだけSCPで上げることがいいっすね。

以上です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!