ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

RANCIDでCisco機器へssh接続ができない場合の設定例

更新日:

RANCIDで設定を機器登録をしている際、コンフィグレーションモード前で止まっちゃうので、調べてみたらCiscoの設定ミスという、面倒くさい結果になったので、今後も忘れないように設定をメモしておきます。

結構、忘れがちなコマンドなので、気をつけておくこと。おれ。

CiscoのSSHコマンドの見落としに注意する

RANCIDのsshログインの設定は以下のようになります。

add     user            test-nw  rancid
add     method          test-nw  ssh
add     password        test-nw  <ログインパスワード> <enableパスワード>

RANCIDの設定はこのままでOKです。

詳しい設定方法は以下から。
【RANCID】NW機器コンフィグ差分管理ツールをインストール

CiscoがSSHの設定をしておけばOKですが、「clogin」をすると、なぜかenableコマンドを設定する前で止まってしまいます。

ということで見落としているところ。Ciscoの設定を見ます。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内



SSHのusernameを確認してみよう

結局、今回こけたところは以下の設定です。
usernameの後に、「privilege」コマンドが設定されていなかったことです。。。

username rancid privilege 15 secret <パスワード> 

Cisco SSHの設定例は以下の記事で紹介していますのでご確認を。
Cisco機器へのSSH設定手順

ということで。忘れずにメモにしときました。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

ITエンジニアで就職するならこちらのサイトがおすすめです!
【レバテックキャリア】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.