ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

LVMについての関連コマンドまとめ【CentOS6.6】

更新日:

LVMについてまとめてみました。
対象のOSはCentOS6.6で試してみました。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

LVMとは

LVMはハードディスク・パーティションなどの物理的な記憶デバイスを物理ボリューム(PV)と呼ばれるデータ領域として扱います。

そして、物理ボリューム(PV)を1つ以上束ね、ボリュームグループ(VG)と呼ばれる仮想的な領域を作成できます。
作成されたボリュームグループ(VG)はその一部を論理ボリューム(LV)として切り出し、利用することができます。

論理ボリューム(LV)は仮想的なパーティションでファイルシステムを作成してマウントなどができ、物理パーティションのように扱うことが可能です。

スポンサーリンク


物理ボリューム(PV)の関連コマンド

・pvcreate
PVを作成

・pvremove
PVを削除

・pvmove
PVの内容を移動

・pvdisplay
PVの情報を表示

ボリュームグループ(VG)の関連コマンド

・vgcreate
VGを作成

・vgremove
VGを削除

・vgextend
VGにPVを追加

・vgreduce
VGからPVを削除

・vgdisplay
VGの情報を表示

論理ボリューム(LV)の関連コマンド

・lvcreate
LVを作成

・lvremove
LVを削除

・lvextend
LVを拡張

・lvreduce
LVを縮小

・lvdisplay
LVの情報を表示

設定することはあまりないかもしれませんが、すぐに忘れるので備忘録としてメモしておきます。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.