カーネルモジュールを実行時に使用するコマンドまとめ(CentOS6.6)


Linuxコマンドで使用するカーネルモジュールを実行時に使用するコマンドをまとめてみました。
OSはCentOS6.6で実施しています。

カーネル関連のコマンドはLPIC試験にも出ますし、システム構築時には結構必須なので覚えておいたほうがいいですね。

カーネルモジュールとは

カーネルモジュールとはカーネルで扱うべき様々な機能を独立した部品にしたようなものです。
ビルド時にカーネル本体に組み込むこともできますし、ファイルとして切り離しておいて必要なときにロードして使うこともできます。

/lib/modules/配下にカーネルのバージョンごとのディレクトリがあり、カーネルモジュールは(.ko)という拡張子で配置されています。

カーネルモジュール実行で使用するコマンド一覧

  • lsmod
    現在有効にされているすべてのモジュールを表示
  • modinfo
    モジュールを指定して、その情報を表示
  • insmod
    モジュールを動的ロード
  • rmmod
    指定したロード済みモジュールをアンロード
  • modprobe
    依存関係を考慮してロード・アンロード
  • depmod
    依存関係ファイルmodules.depを更新

めんどくさいですが、覚えておくこと!

以上です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!