ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

カーネルモジュールを実行時に使用するコマンドまとめ(CentOS6.6)

更新日:

Linuxコマンドで使用するカーネルモジュールを実行時に使用するコマンドをまとめてみました。
OSはCentOS6.6で実施しています。

カーネル関連のコマンドはLPIC試験にも出ますし、システム構築時には結構必須なので覚えておいたほうがいいですね。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内

カーネルモジュールとは

カーネルモジュールとはカーネルで扱うべき様々な機能を独立した部品にしたようなものです。
ビルド時にカーネル本体に組み込むこともできますし、ファイルとして切り離しておいて必要なときにロードして使うこともできます。

/lib/modules/配下にカーネルのバージョンごとのディレクトリがあり、カーネルモジュールは(.ko)という拡張子で配置されています。

カーネルモジュール実行で使用するコマンド一覧

  • lsmod
    現在有効にされているすべてのモジュールを表示
  • modinfo
    モジュールを指定して、その情報を表示
  • insmod
    モジュールを動的ロード
  • rmmod
    指定したロード済みモジュールをアンロード
  • modprobe
    依存関係を考慮してロード・アンロード
  • depmod
    依存関係ファイルmodules.depを更新

めんどくさいですが、覚えておくこと!

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

Linuxアカデミーの資料が無料請求できます!
リナックスアカデミー【公式サイト】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.