【CentOS6】SMB(CIFS)マウント方法!samba-client,cifs-utilsのインストール


CentOS6においてのファイルサーバSMB(CIFS)へマウントする際の必要なパッケージインストールとマウントのコマンドをまとめました。


【CentOS6】SMB(CISF)マウント設定手順

CentOSバージョン6でのSMB(CIFS)をマウントするにはsambaとcifsに関連するパッケージをインストールすることが必要となります。
以下ではSMB(CISF)をマウントするまでの手順をメモしておきます。

CentOS6で「samba-client」,「cifs-utils」のインストール

まずはネット環境につながっていることが前提条件ですが、yumインストールで以下のパッケージをインストールします。

$ yum install -y samba-client cifs-utils


CentOSでのSMB(CIFS)マウントコマンド

まずは、CentOS側でファイルサーバをマウントするためのディレクトリを作成します。
マウントをしているディレクトリとわかりやすい名前を付けます。

今回のマウントを実施するディレクトリは「hoge」とします。

$ mkdir /mnt/hoge

次に実際にSMB(CIFS)に対してマウントを実施します。

通常のSMB(CIFS)マウントコマンド

以下では通常のマウント時のコマンドとなります。
NFSと違い、user、passwordオプションを実施します。

また、マウント先のipアドレスと対象となるフォルダを指定し、上記で事前に作成した「hoge」フォルダへマウントをします。

$ mount -t cifs -o user=testuser,password=testpasswd //192.168.1.1/testdir /mnt/hoge/

エラーなく、実行できれば、以下のコマンドでマウントができたことを確認できます。

$ df -h

ドメイン参加時のSMB(CIFS)マウントコマンド

以下は、ドメイン参加をしているユーザーに対してアクセス権限を持っているSMB(CIFS)マウントのコマンドとなります。
ちなみにここでは、DNSによる名前解決ができている状態でのマウント方法となります。

$ mount -t cifs -o user=testuser,password=testpasswd,rw,domain=test.com //fileserver.test.com/testdir /mnt/hoge/

こちらもエラーなく、実行できれば、以下のコマンドでマウントができたことを確認できます。

$ df -h

次回起動時に自動でマウントできるように「etc/fstab」にマウント情報を記載する

上記でうまくマウントができた場合は、「/etc/fstab」にマウントの情報を記載しておきましょう。
ここに、マウント情報を記載することにより、再起動や、次回起動時に、毎回mountコマンドを実行しなくても、自動で起動時にファイルサーバーへマウントをしてくれます。

$ vi /etc/fstab

//fs-vendor-backup.koseikan.lan/bk-iryosvr /mnt/hoge/ cifs user=nasbkuser24,password=%w6AXcqK1,rw,domain=koseikan.lan 0 2
/etc/fstabへ記載した「0 2」について

fstab記載時、最後に「0 2」と記載をしておりますが、それぞれに意味があります。

初めの数字は「dump」コマンドの可否

初めの数字「0」の箇所はdumpコマンドによるデバック対象にするかを決めます。
対象にするのであれば、「1」、対象外であれば「0」と記載します。

ここでは特にdumpを実行する理由はないので「0」とします。

後ろの数字は「pass」コマンドの優先順位決定

ここでは起動時にfsckがファイルシステムのチェックする優先度を指定します。
優先度は0−2までとなり、以下ではそれぞれの説明となります。

  • 「0」ファイルシステムチェックはしない
  • 「1」ファイルシステムチェックの優先度が一番高い。ルートファイルシステムは「/」である必要がある
  • 「2」そのほかのファイルシステムのチェック

今回のSMB(CIFS)マウントは最優先にファイルチェックをしなくても良いので「2」を指定します。

アンマウントについて

アンマウントの実行コマンドを以下となります。

$ umount /mnt/hoge

アンマウント時「デバイスがビジーです。」となった場合

アンマウントを実行する際に以下のようなエラーが発生することがあります。
エラー「umount デバイスがビジーです。」

このエラーが発生した際は以下のコマンドでどのユーザーが利用しているのか確認します。
ここでは、rootユーザーが使用していることが確認できます。

$ fuser -v /mnt/hoge/
                     USER        PID ACCESS COMMAND
/mnt/hoge/:          root       1539 ..c.. bash

root権限であれば、fuserコマンドを利用して強制的にビジー(busy)状態を解除できます。

$ fuser -k /mnt/hoge

CentOS6のSMB(CIFS)マウントの手順は以上となります。
結構マウントはハマりやすいので参考にしてください。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!