【NetApp】SNMP設定手順コマンド・GUI設定

NetAppでSNMPの設定を実施する手順をメモします。
SNMP設定はコマンド形式、GUIでの設定どちらでも可能です。

NetAppのSNMP設定手順(コマンド)

NetAppのSNMPコマンド設定手順となります。

TeraTermを起動し、以下を設定しアクセスします。

  • IPアドレス:NetAppクラスタのIPアドレス
  • TCPポート:22

アクセス後、認証のポップアップが表示されるので以下を設定し、「OK」をクリックします。

  • ユーザ名:admin
  • パスワード:NetAppのパスワード

ログイン後にSNMPの設定をしています。

①SNMP有効化

NetApp::> options -option-name snmp.enable -option-value on

②コミュニティ設定(コミュニティ名を「test」とした場合)

NetApp::> system snmp community add -community-name test -type ro

③設定確認

NetApp::> system snmp show
contact:
location:
authtrap:
        0
init:
        1
traphosts:
        x.x.x.x (x.x.x.x) <x.x.x.x>    Community: test
community:
        ro  test

NetAppのSNMP設定手順(GUI)

GUIの設定は以下となります。
※バージョンが違うと画面に差異があります。

①NetAppへログイン(admin/パスワード)後、画像の設定(歯車マーク)

バージョン違いで、右上に歯車(設定)がない場合は、左メニューのホストなどのメニュー配下にSNMPの設定があると思います。
 

②設定のセットアップから「SNMP」を選択

以下設定を実施します。

  • SNMP有効化
  • トラップホストのIPアドレス:SNMPサーバーのIPアドレス
  • コミュニティ名:test ←コミュニティ名(仮)

NetAppのSNMP設定は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

blank
げんき☆ひろき
インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!