【NetApp】起動から初期設定までの手順


ストレージとして、エンジニアの中でも人気の高い「NetApp」ですが、ブロック領域とファイル領域を使用することができ、柔軟な設定ができるストレージとしても人気です。

というか、私が好きです。
今回はNetAppの起動から初期設定までのメモをしたので、備忘録として残しておきます。


【NetApp】初期起動手順

NetAppを起動する前に事前に実施しなければいけないことは、シェルフとの構成があるかということです。
拡張シェルフを利用するのであれば、SASケーブルの配線は必要です。

このSASケーブルの配線を間違えてしまうとシェルフが認識しなかったり、最悪壊れてしまうこともあるとか。
まずはこのSASケーブルとの構成をしっかりするようにしましょう。

物理の配線ができたら初期の起動と設定を行っていきます。

①【NetApp】ノード立ち上げ前にシェルフの設定

ノードの電源を入れる前にシェルフの電源を入れます。
シェルフの筐体左側にあるシェルフIDを設定しす。

このID番号でGUI上でもどのシェルフを確認しているのかわかります。メンテナンスなどにもわかりやすくて良いですね。
設定は長押しで番号変更で簡単にできます。


②シリアルポート接続

コントローラー起動前にシリアル接続をして「teraterm」を立ち上げます。
シリアルポートは「115200」です。

必ずポートレートは変更しておきましょう。

③NetApp初期起動

NetAppを入れて起動させます。
ちなみに、Netapp初期起動時のアカウントは「admin」です。

今回はノード2台構成でクラスタを組む設定となる構成での初期設定の流れとなります。

クラスタセットアップ

cluster setup 

Press <space> to page down, <return> for next line, or 'q' to quit...
Type yes to confirm and continue {yes}: yes

Enter the node management interface port [e0M]:  ①
Enter the node management interface IP address: 192.168.1.1 ②
Enter the node management interface netmask: 255.255.255.0 ③
Enter the node management interface default gateway: 192.168.1.254 ④
A node management interface on port e0M with IP address 192.168.1.1 has been created.

Use your web browser to complete cluster setup by accessing
https://192.168.1.1 ⑤
  1. マネージメントポート「e0M」を選択
  2. node1のマネージメントIPアドレスを設定
  3. サブネットマスク設定
  4. デフォルトゲートウェイ設定
  5. この時点でhttpsアクセス可能(GUI操作ができる)

クラスタの新規作成とパスワードを入力

Do you want to create a new cluster or join an existing cluster? {create, join}:create ①

intend for this node to be used as a single node cluster? {yes, no} [no]:no

Existing cluster interface configuration found:

Port	MTU	IP		Netmask
e0a	9000	169.254.1xx.xx	255.255.0.0   ②
e0b	9000	169.254.2xx.xx	255.255.0.0

Do you want to use this configuration? {yes, no} [yes]: yes

Enter the cluster administrator's (username "admin") password:

Retype the password:  ③
  1. 初期設定はcreateを選択
  2. このIPアドレスを控えておく
  3. adminパスワード設定

クラスタ作成

Step 1 of 5: Create a Cluster
You can type "back", "exit", or "help" at any question.

Enter the cluster name: Cluster1 ①

Creating cluster Cluster1

※ここでclusterのセットアップ開始

Cluster Cluster1 has been created. ②

  1. cluster名の設定
  2. Clusterが作成されたことを確認

ライセンスキーの入力

Step 2 of 5: Add Feature License Keys
You can type "back", "exit", or "help" at any question.

Enter an additional license key []:   ①
  1. ライセンスキーの入力

クラスターの設定

Step 3 of 5: Set Up a Vserver for Cluster Administration
You can type "back", "exit", or "help" at any question.

※以下クラスターの設定
Enter the cluster management interface port: e0M ①
Enter the cluster management interface IP address: ②
Enter the cluster management interface netmask: 255.255.255.0 ③
Enter the cluster management interface default gateway [192.168.1.254]: ④

A cluster management interface on port e0M with IP address 192.168.1.100 has been created.  You can use this address to connect to and manage the cluster.

Enter the DNS domain names:  ⑤
  1. クラスタのマネージメントポート「e0M」を選択
  2. クラスタのマネージメントIPアドレスを設定
  3. サブネットマスク設定
  4. デフォルトゲートウェイ設定
  5. DNS設定(設定しなくても問題なし)

ロケーションの設定と完了

Step 4 of 5: Configure Storage Failover (SFO)
You can type "back", "exit", or "help" at any question.


SFO will be enabled when the partner joins the cluster.


Step 5 of 5: Set Up the Node
You can type "back", "exit", or "help" at any question.

Where is the controller located []: JAPAN ①


Cluster "Cluster1" has been created. 
  1. ロケーション設定(いつでも設定変更可能)
  2. Clusterが作成される。これで完了

以上、でnode1の設定とクラスタの設定の完了です。
※以下、コマンドでClusterが作成されていることを確認します。

2::> cluster show 
Node                  Health  Eligibility
--------------------- ------- ------------
Cluster1-01       true    true

::>


次はnode2をクラスタに追加します。

ちなみに事前設定で以下のコマンドを設定しておきましょう。

 network options switchless-cluster modify -enabled true

Clusterノード追加

::> cluster setup 

Press <space> to page down, <return> for next line, or 'q' to quit...
 Type yes to confirm and continue {yes}: yes

Enter the node management interface port [e0M]: 
Enter the node management interface IP address: 192.168.1.2
Enter the node management interface netmask: 255.255.255.0
Enter the node management interface default gateway: 192.168.1.254
A node management interface on port e0M with IP address 192.168.1.2 has been created.

Use your web browser to complete cluster setup by accessing
https://192.168.1.2

Otherwise, press Enter to complete cluster setup using the command line
interface: 

node1と同じように設定を入れていきます。

クラスタへの追加

Do you want to create a new cluster or join an existing cluster? {join}:join


Existing cluster interface configuration found:

Port	MTU	IP		Netmask
e0a	9000	169.254.3x.xx	255.255.0.0
e0b	9000	169.254.4x.xx	255.255.0.0

Do you want to use this configuration? {yes, no} [yes]: yes

上記でクラスタへ追加するかと聞かれますので指示に従っていきます。

クラスタ追加の設定

Step 1 of 3: Join an Existing Cluster
You can type "back", "exit", or "help" at any question.


Enter the IP address of an interface on the private cluster network from the
cluster you want to join: 169.254.1xx.xx ①

Joining cluster at address 169.254.1xx.xx               



Cluster setup is complete.


Notice: HA is configured in management. ②
  1. node1で作成し、控えておいたクラスタのIPアドレスを入力
  2. クラスタ追加が完了

クラスタが追加されていることを確認

※以下にてClusterに追加されていることを確認します。


::> cluster show   

Node                  Health  Eligibility
--------------------- ------- ------------
Cluster1-01       true    true
Cluster1-02       true    true
2 entries were displayed.

これで、クラスタのすべての初期セットアップは完了です。

まとめ

上記は、マニュアルと設定時のメモを参考に作っていますので、完全な設定の流れにはならないかもしれませんが、初期セットアップ時の参考にしてください。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(09/19 18:55時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!