【NetApp】SMB(CIFS)バージョン変更コマンド

NetAppでSMB(CIFS)サーバのバージョン変更をする際に公式ページ通りに変更ができなかったので、メモしておきます。
SMBのバージョンを有効・無効にする設定は結構使用するので参考にしてください。

※NetAppは仮想環境でも構築可能です。インストール手順は別途作成します。

「NetApp」SMB(CIFS)バージョン変更コマンドのメモ

NetAppSMB(CIFS)のバージョン変更については以下の公式URLを参考にしています。
https://docs.netapp.com/ontap-9/index.jsp?topic=%2Fcom.netapp.doc.pow-cifs-cg%2FGUID-09B378E8-87B3-4413-83C7-AB91213F91BE.html&lang=ja

ただ、変更時のコマンドが公式ページの通りにいかなかったので、設定手順をまとめました。
以下から手順となります。

権限レベルをadvancedに設定

set -privilege advanced

CIFSが有効なバージョンを確認

vserver cifs options show

SMBバージョン1を有効にしたコマンド例

SMBのバージョンに指定できる値は次のとおりとなります。

-smb1-enabled
-smb2-enabled
-smb3-enabled
-smb31-enabled

SMBバージョン「1」を有効にする設定コマンドは以下となります。

cifs options modify -vserver <vserver名> -smb1-enabled true

確認コマンドは以下を実行します。

vserver cifs options show
SMB1 Enabled: true

SMBサーバがActiveDirectoryドメイン内にある場合のバージョン変更

SMBサーバがActive Directoryドメイン内にある場合は、以下のようにSMBプロトコルのバージョンを変更できます。

SMBバージョン2を有効

vserver cifs security modify -vserver <vserver名> -smb2-enabled-for-dc-connections true

SMBバージョン2を無効

vserver cifs security modify -vserver <vserver名> -smb2-enabled-for-dc-connections false

確認コマンドは以下を実行します。

vserver cifs security show
SMB2 Enabled for DC Connections: true

admin権限レベルに戻る

上記、SMB(CIFS)バージョン変更後は以下コマンドで管理者モードに戻ります。

set -privilege admin

NetAppのSMB(CIFS)バージョン変更コマンドは以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!