【Docker-CE】アップグレード手順(CentOS8)


前回、CentOS8でDockerのインストールを実施しました。

今回、dockerのアップグレード手順を作成したのでまとめます。

※CentoOS8のバージョンは以下となります。(2020年12月時点での最新版)

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 8.2.2004 (Core) 

前回、Docker-CEのインストールは以下を参照

【CentOS8】Dockerインストールと起動・SSHアクセスまで(無償版CE)

2020年11月15日

「Dcoker-CE」アップグレード手順(CentOS8)

CentOS8におけるDocker-CEのアップグレード手順は以下のURLを参考に実施しています。

参考URL
https://docs.docker.jp/engine/installation/linux/docker-ce/centos.html#ce-install

dockerの最新バージョンの確認は以下URLを参照
https://openstandia.jp/oss_info/docker/version/

アップグレードは「yum update」を実施しますが、事前準備が必要なので以下手順を参考にしてください。

リポジトリのセットアップ

Dockerはリポジトリを使用したアップデートがおすすめです。
まずは、リポジトリのセットアップを実行します。

$ sudo yum install -y yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2


安定板(stable)リポジトリのセットアップ

次に以下のコマンドで安定板のリポジトリをセットアップします。

$ sudo yum-config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo
repo の追加: https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

アップグレード実施

上記設定が完了したら、以下コマンドでDockerのアップグレードを実行します。
※通常のyumアップデートなのでDocker以外のパッケージもアップデートされます。

$ yum -y update

アップグレード完了後、以下コマンドでDockerのバージョンを確認します。

$ docker --version
Docker version 19.03.13, build 4484c46d9d

2020年12月時点での最新バージョンになっていることを確認できます。

Dockerのアップグレードは以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!