【Docker】rsyslogコンテナの構築(rsyslog/syslog_appliance_alpine)

Dockerでrsyslogコンテナを構築したのでまとめました。

今回の「rsyslog」のDockerイメージサイトは「rsyslog/syslog_appliance_alpine」を使用します。
https://hub.docker.com/r/rsyslog/syslog_appliance_alpine

「Docker」rsyslogコンテナの起動手順

公式ページ通りに「rsyslog」のコンテナイメージをダウンロードします。

$ docker pull rsyslog/syslog_appliance_alpine

イメージがダウンロードできたことが確認できます。

$ docker images
REPOSITORY                        TAG       IMAGE ID       CREATED        SIZE
rsyslog/syslog_appliance_alpine   latest    93bb7d1f5f5a   3 years ago    14MB

今回のrsyslogコンテナでは、以下コマンドの通り、以下ヘルプコマンドを使用することができます。

$ docker run rsyslog/syslog_appliance_alpine help
WARNING: The requested image's platform (linux/amd64) does not match the detected host platform (linux/arm64/v8) and no specific platform was requested
rsyslog appliance version 2018-06-26 (1530020232) - http://www.syslogappliance.de
Copyright (C) 2018 by Rainer Gerhards and Adiscon GmbH - released under ASL 2.0

WARNING: this is an experimental container - do not use in production

Using rsyslog configuration file: /etc/rsyslog.conf
docker run --read-only <container-name> command
where command is one of:
rsyslog     - run rsyslog (default)
help        - display this help message
show-work   - list the /work area
show-config - display the current container config
edit-config - edit container config (with vi editor, press <ESC>ZZ to quit)
bash        - start an interactive shell (<CTL>-d terminates)

volumes:
/log        - log file store (if used)
/work       - rsyslog work files; do not share with multiple instances
/config     - configuration files, can be mounted read-only once finalized

listening ports:
514/udp     - syslog (udp)
514/tcp     - syslog (plain tcp)
1601/tcp    - RELP

「rsyslog」コンテナの起動

rsyslogコンテナの起動を実行します。
今回は、rsyslogで514番ポートで待ち受けるようにします。

$ docker run -d -p 0.0.0.0:514:514/tcp -p 0.0.0.0:514:514/udp --name rsyslog --hostname rsyslog rsyslog/syslog_appliance_alpine

以下のコマンドで、起動を確認できます。

$ docker ps
CONTAINER ID   IMAGE                             COMMAND                  CREATED         STATUS        PORTS                                        NAMES
2604e21b8fa0   rsyslog/syslog_appliance_alpine   "/home/appliance/sta…"   4 seconds ago   Up 1 second   0.0.0.0:514->514/tcp, 0.0.0.0:514->514/udp   rsyslog

「rsyslog」コンテナにアクセスする方法

今回のrsyslogコンテナでは「bash」ではアクセスすることができません。
以下のように「sh」関連のパスでアクセスすることが可能となっています。

$ docker exec -it rsyslog sh
/home/appliance # 
/home/appliance # 
/home/appliance # 
$ docker exec -it rsyslog /bin/sh
/home/appliance # 
/home/appliance # 
/home/appliance # 
$ docker exec -it rsyslog /bin/ash
/home/appliance # 
/home/appliance # 
/home/appliance # 

以上が「rsyslog」コンテナの起動までの手順となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!