ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

superman

映画

マン・オブ・スティールは終始ドラゴンボールにしか見えなかったが。

投稿日:

DCコミックの代表作「マン・オブ・スティール」を今更ながら見ました!
あの「スーパーマン」の新作ということで、すごく見たかったのですが、なぜか前評判であまり見る気がしなかったんですよね。

その理由は、ドラゴンボールの戦闘シーンをパクっているというか、被っていると言った方がいいのでしょうか。。。

実際にマン・オブ・スティールを鑑賞したのですが、結構「そのまま」って感じでした。

マン・オブ・スティールの戦闘シーンはすごいですけど

superman2

この映画の見所はほとんどが戦闘シーンが大半を占めます。
というか、ほとんどが戦い。

面白いんですけどね。

しかも、この映画の監督が、「300(スリーハンドレット)」のザック・スナイダーなんです。
わかる人はなるほどって感じです。だから、終始戦闘シーン。

この、ザック・スナイダーの代表作はほとんど戦闘シーンやアクションシーンばかり。
ちなみにこれが代表作です。

  • ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)
  • 300 (スリーハンドレッド)(2007)
  • ウォッチメン(2009)
  • ガフールの伝説(2010)
  • エンジェル ウォーズ(2011)
  • マン・オブ・スティール(2013)
  • 300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜(2014)
  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016)

この作品の数々。
見てもらえば分かりますが、ほとんどアクションシーンだらけです。

ほとんど、終始アクション!休む暇がないほど。

そして、もう一つがCGをガンガン使用しているところでしょうか。
この監督のアクションシーンなのですが「300」でも見られるスローモーションとスピード感を合わせた映像は必見!

初めて見た人はかっこいい!と思うはずです!

しかし、スーパーマンって今までのイメージを通り越してもう別次元のヒーローになっちゃってる感じもするんですよねぇ。
ちょっと、戦闘シーンに偏りすぎているというか。なんというか。

スポンサーリンク


戦闘シーンは迫力あるしカッコイイけど

確かに戦闘シーンはカッコイイです。
今までにない迫力があり、映画もここまで来たか!って感じです。

でも、日本人全員が思ったのは、

これ、ドラゴンボールだろ。。。

ってことですよね。
本当ににているんですよねぇ。建物ごとぶっ壊れるシーンなんか特に。

まずは予告編のシーン

そして、こちらがドラゴンボールの戦闘シーン

まぁ、別にアクションが被っているのは全然いいし、むしろハリウッド映画での戦闘シーンの方が迫力あるしカッコイイすよね。
でも、もう少しストーリー重視なところがほしかったですね。

バットマンとの対決って。。。スーパーマンが圧勝でしょ

さて、2016年3月に公開される『バットマン VS スーパーマン:ジャスティスの誕生』ですが、すごい楽しみですよね。
DCコミックの2大ヒーローが出演する夢のコラボ映画!

そして、この映画にはワンダーウーマン、アクアマンまで出るということ!
もう、期待度はMAXですよね!

ワンダーウーマン
wonder-woman

アクアマン
aquaman

しかし、次回公開される「バットマン VS スーパーマン」ですが、どー考えても。

スーパーマンの圧勝でしょ!?

バットマンに今回のような戦闘って即死でしょ!?
大丈夫か?バットマン?

一発で本編終了ってことにしないでくれ!
でも、なんとかバットマンもスーパーマンと同じくらいの力が手に入るのか、いったいどんな力でスーパーマンに挑むのか楽しみですよね。

このバットマンとスーパーマンで結成される「ジャスティスリーグ」ですが、今後「アベンジャーズ」とのコラボもいつかは見れるのを期待したいですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.