ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

最新版マッドマックスと旧マッドマックス3部作を見比べてみた!

投稿日:2016年4月15日 更新日:

マッドマックス史上最高記録を樹立した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
昔見たメル・ギブソン版マッドマックスに負けないくらい最高の迫力と素晴らしいアクションシーンが満載!

最初から最後まですんごい楽しませてくれました!
とにかく手に汗握る迫力のアクション!最後まで目が離せないほど無駄なところなんてひとつもないんです!

本当に面白い映画って、「面白い!」って一言に尽きますね。
私はシャーリーズ・セロンがかなり目立ってカッコよかったって思いましたね!

次回作は、シャーリーズ・セロン版マッドマックスでもできるのでは!?ってくらいでした!

前回、マッドマックスの記事はこちらから

第88回アカデミー賞最多6部門で頂点に輝いた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

madmax2

とにかくこの最新版「マッドマックス」がヤバすぎる!
第88回アカデミー賞で最多で6部門を獲得したんですね!

ただ、派手なアクションと演出だけではなく、細部にまで細かくこだわりをみせた結果、素晴らしい作品として評価されたみたいですね!

確かに、獲得した賞は

  • 美術賞
  • 衣装デザイン賞
  • メイキャップ&ヘアスタイリング賞
  • 編集賞
  • 音響編集賞
  • 録音賞

と素晴らしい功績を残しています。
今回、メガホンを取ったジョージ・ミラーは監督賞を逃したものの、妻であるマーガレット・シクセルが編集賞を受賞しました。

スポンサーリンク


旧マッドマックスも負けないくらい最高の映画でした!

madmax3

今回、マッドマックスを初めて知った方には是非見比べていただきたい作品があるんです!
前作マッドマックス3部作!

マッドマックスを語るにはこれを見なければ始まらないってくらい素晴らしい映画です!
ジョージ・ミラーが初めて手がけた映画もこのマッドマックスであり、あの超有名俳優メル・ギブソンのデビュー作であり、大ヒット作であり、代表作でもあるわけです!

若き日のメル・ギブソンの融資も超見もの!
今回の「怒りのデス・ロード」に負けないくらいのアクションシーンは必見ですよ!

マッドマックス

近未来の世界。暴走族による凶悪事件が多発した世界で荒廃したオーストラリアの道が舞台となる。

暴走族で警官殺しで有名な凶悪犯「ナイトライダー」は、暴走族追跡用に改造されたパトカー「インターセプター」を奪って逃走する。
「M.F.P」に所属する警官であり、主人公の「マックス・ロカタンスキー」はこれを発見し追い詰めるが、ナイトライダーは運転誤り事故死する。

この事件がきっかけで、マックスはナイトライダーの復讐を企む「トーカッター」率いる暴走族から命を狙われることに。
トーカッターはマックスの妻子を襲撃し、子供の命が奪われ、妻は重体となる。

マックスはトーカッターに復讐すべく、漆黒の特殊追跡車「V8インターセプター」をM.F.P本部から無断で持ち出し、トーカッター一味と激突する。

マッドマックス2

前作の直後に二大国間で勃発した世界大戦により文明が崩壊した世界が舞台となる。
世界大戦により中東地位行きの油田破壊によって石油が枯渇し、凶暴な暴走族が略奪を繰り広げる世界へと変貌した。

元警官のマックスは愛車V8ブラック・インターセプターに乗り、相棒である犬と共に荒れ果てた荒野を目的もないまま彷徨う。

族を倒しては物資を奪い、生き延びていたが、途中で強盗をした男を捕まえたマックスは周辺の区域を縄張りとする族の襲撃に日々脅かされている石油精製所へとたどり着く。
石油精製所から脱出しようとし、族に襲われた住民を助け、石油精製所の施設内に入ることに成功するが、物資も愛車も差し押さえられてしまう。

精製所の住民らが族との徹底抗戦か脱出か意見が分かれる中、マックスは路上に放置されていたトレーラーを改造し、脱出計画に参加する。
「太陽の楽園」へと向かい脱出の手助けを請け負ったマックスたちの運命は!?

マッドマックス サンダードーム

荒れ果てた荒野を彷徨うマックスは飛行機を操る謎の親子連れに乗り物と物資、武器を奪われてしまう。
彼らを追い、「バータータウン」にたどり着く。ここは物々交換が主流で生活が成り立っていた。

街の支配者である女王「アウンティ」に腕前を買われたマックスは、奪われた自分の持ち物を取り戻すべく、「サンダードーム」というステージでマスター・ブラスターと戦うことになる。

マスター・ブラスターがひ弱な老人と図体だけ立派なただの子供と知ったマックスは止めをさすことができなかったが、アウンティの不満を買ったマックスは「運命のルーレット」によって死は逃れたものの、体一つで砂漠に追放されてしまう。

最新のマッドマックスはジョージ・ミラーの集大成!?

前作、マッドマックスも手がけたジョージ・ミラーですが、これまでの集大成!?として作成したのが今回の「怒りのデス・ロード」ではないでしょうか。

とにかく凄すぎる!
ひとつも前作に劣るところがない本作。是非旧作とセットで見比べていただきたいですね!

どちらも絶対面白かったー!って言わせる自信あります!

マッドマックスは次回作も予定されており、タイトルは「マッドマックス ザ・ウエイストランド」ってなってましたね!

もう今から待ち遠しいです!!!

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 あらすじ

核兵器による世界戦争勃発後、環境が汚染され、生存者たちは物資と資源を武力で奪い合う文明社会が壊滅した世界が舞台となる。

砂漠化し、荒れ果てた荒野で元警官のマックスは過去に救えなかった妻子のことを思い、今も傷が癒えずにいた。
愛車V8インターセプターで荒野を駆ける途中、某虎の襲撃に遭い捕らえられたマックスはシタデルという砦に連行される。

インターセプターを奪われ、血液袋とされたマックス。
ここではイモータン・ジョーがトップとして支配する独立社会が築かれていた。

ある時、ジョーの舞台を統率するフュリオサ・ジョ・バッサ大隊長はジョー一族が子供を産ませるために監禁していた5人の妻をウォー・リグ(トラック)に登場させ、フュリオサの出生地である「緑の地」に逃亡計画を図る。

妻たちとその胎内の子供を奪われたと知ったジョーは配下の先頭集団ウォーボーイズを引き連れフィリオサを追う。
マックスはウォーボーイズの血液袋として追尾車両に鎖で繋がれ追跡の争いに巻き込まれることに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.