ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

トランスフォーマー/ロストエイジ!主人公はテッドの友達!?恐竜ロボットも大暴れ!

投稿日:

破壊力抜群の映像美!トランスフォーマーの最新作「ロストエイジ」は今まで以上にアクションも迫力も最大級に魅せてくれます!
うちの子供もトランスフォーマーは見た瞬間からドハマリで楽しんで観させていただきました!

今回の作品はトランスフォーマー実写版第4作目となっており、監督はこれまでのシリーズと同じくマイケル・ベイが勤めています!
相変わらず期待を裏切らない仕上がりで初めから最後まで息もつかせぬ最高のエンターテイメントムービーです!

この実写版「トランスフォーマー/ロストエイジ」はシリーズ第4作目であり、前作の「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」から5年後の世界となっています。
前回の3作品で主人公を務めていたサム役のシャイア・ラブーフやメインキャラクターは登場せず、新たにマーク・ウォールバーグを主人公とした新しいキャストで作成されています。

そして今回のメインは恐竜のロボットダイノボットが登場することになるんです!

メガトロンとセンチネル・プライムの野望を打ち砕き人類を滅亡の危機から救ったオプティマス・プライム率いるオートボットたちでしたが、今回の舞台はその数年後の物語となります。

しかも、人類を救ったはずのオートボットたちが人間から捉えられ殺されるという事態に。。。
一体何が起こったのか!?いきなりとんでもないストーリーから始まっちゃうんです!

新作では人間側のキャスト総入れ替え!なんとテッドの友達ジョンが主人公!?マーク・ウォールバーグ出陣!

今回、ダイノボットも注目ですが、やっぱり民間人側の主人公が気になりますよね。
なんと主人公はあの映画「テッド」で親友のジョン役であるマーク・ウォールバーグなんです!

あんなに無茶苦茶で面白い演技をしていたマーク・ウォールバーグですが、「トランスフォーマー」では娘を命がけで守る父を演じ、とにかくアクションがすごい!

前回までの主人公は逃げっぱなしでしたが、今回は主人公自身が敵のディセプティコンたちとガンガン戦っちゃうんです。
とにかく主人公が新たになっても私は断然「ジョン」が主人公の方がいいですね!

次回作も絶対彼が主人公でオートボットたちと地球の危機を救って頂きたいです!

ちなみにテッドの記事はこちらから!
[brogcard url=”https://genchan.net/movie/2956″]

スポンサーリンク


オプティマス・プライムが恐竜に乗って大暴れ!

今回のメインとなるダイノボットですが、恐竜が生きている時代に突然現れた謎の宇宙船に恐竜たちが絶滅させられるのですが、その恐竜たちは金属に覆われてしまうんです。

そして今回機械化!?された恐竜たちは「ダイノボット」となりオプティマス・プライムたちと共に協力し敵に戦いを挑みます!
とにかく、ダイノボットたちが中国の山の奥地からオートボットたちを乗せて敵のロボットたちに突撃するシーンは見ものです!

バッタバタと倒していくシーンは爽快!
鳥肌が立つほどかっこいいって思いますよ!

しかも恐竜好きでロボットや車好きのこともは興奮すること間違い無し!絶対家族で楽しめるシーンですね。

相変わらずの人気者バンブルビーも大活躍!

TF_lost2

オプティマス・プライムだけではありません。
やっぱり来てくれました!バンブルビー!

相変わらずのキャラクターで車のラジオからいろんな言葉のフレーズを並べて喋っているところ。そしてトリッキーな戦い方は他のオートボットたちと違い目立ちまくっていましたね!

今回もキャラクターが一新している中、バンブルビーはしっかり残してくれたマイケル・ベイは素晴らしい!
というか、彼もバンブルビーを外すことはまず考えていなかったと思いますが。

ダイノボットも注目ですが、バンブルビーは今回、違った形(黒が中心の車)で出てきて、その後に変身した際の彼の姿は今までのバンブルビーになっちゃうんです!
ファンを飽きさせない展開はさすがとしか言いようがないですね!

トランスフォーマーってもともとは日本の玩具が元祖!?

TF_lost3

トランスフォーマーですが、アメリカが元祖と思われるかもしれないですが、実は日本のおもちゃメーカー「タカラ(現在はタカラトミー)」とアメリカのハズブロ社が業務提携して作られた変形ロボットおもちゃが元祖なんですよね!

なので、トランスフォーマーの元祖は日本っていってもおかしくはないんです。

元々、タカラトミーで販売されていた「ダイアクロン」、「ニューミクロマン」シリーズから展開させた変形ロボットおもちゃっとなったのが「トランスフォーマー」なんです。
これが北米を中心に大ヒットし、それを日本に逆輸入したものが、子供の頃から知っている主人公「コンボイ」が有名な「トランスフォーマー」シリーズとなるわけです。

子供の頃に熱くなったトランスフォーマーのおもちゃが今ではスクリーンに大迫力の映像で蘇ってくるとは思いもしませんでしたし、ここまで期待を裏切らない出来はさすがハリウッドって感じですよね!

さすがに日本ではここまでの作品は絶対に作れなかったでしょうね!

あらすじ

中世白亜紀末期、恐竜が栄えた時代に突如現れた謎の宇宙船。
その宇宙船は謎の兵器を使い恐竜たちを金属のようなものに作り替えていく。そして恐竜は絶滅してしまう。

それから時を経た現代。
北極で金属化した恐竜が発見される。

センチネル・プライムとメガトロンとの激闘から5年。
オートボット否定派によりオートボットたちは迫害を受け姿を消していった。

その頃テキサス数で廃品回収業を営む発明家「ケイド」は仕事でいった映画館の回収作業で古びたトレーラートラックを見つける。
それを自宅に持ち帰り、そのトラックを解体しようとした際にそれが「トランスフォーマー」であることを知る。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.