ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

medium_7554199616

映画

テッド(Ted)って超話題作のくせに面白かったか?普通でしょ。

投稿日:2014年4月9日 更新日:

あれだけ大々的に宣伝し盛り上がっていたのだが、どういう理由であれ程の過剰な宣伝をしたのかが理解できない。
ただ、このテディーベアのぬいぐるみを宣伝側が売りたかったのか。理解できない。

なぜそんなに盛り上がったのか。。。

マーク・ウォールバーグは個人的に好きだし、本作でも面白い演技を魅せてくれている。
テッドも何とも言えない表情と、愛くるしさ、下ネタの連発で前半部分で期待感はかなりあったが、ラストに向かううちにだんだん、まさかと不安になってくる。

そして不安的中。まさか、それで終わり?
おいおい、感動なんていらねーよ。訳の分からん奇跡もいらねーよ。下ネタは?乳は揉まんのか!?

R指定なんだから、ガッツリ下品さ出してくれよーってな感じで終わるんです。

スポンサーリンク


もう一度言うが、なぜあそこまで過剰な宣伝活動をしたのか

理解できない。

期待しすぎた私が馬鹿だったが、中盤まではそこそこ観れたと思います。
でも、コメディー映画としては面白かったって思う映画の上位には入らないです。

来年になったら、本作のことは忘れられているのではないだろうかと思うほどこれと言った心に残るシーンもないし、もし、次回作が出たら、『あー、あったよね。』っていうような感じかもしれないです。

やはり、下品さと面白さで言えば『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』がナンバー1ではないでしょうか。40過ぎのニートのおっさん同士の兄弟喧嘩はたまらんって思います。

ステップブラザーズ

下ネタは文句無し!

下ネタは斬新で素晴らしかった。顔射のシーンだけ。
こういう、くっだらねーシーンをもっと本作で取り入れてくれたら最高の映画だったんだけどなー。

R指定にするくらいだったらガンガンやってくださいよ。
くまのぬいぐるみだからもっとたくさん乳を揉んでほしかったなぁ〜。

ラストで真っ二つに引き裂かれて、彼女の思いで奇跡が起きてテッドが復活するシーン。

いらねーっす。

そういう感動いらねーっす。

どうやってセックスをしたんだ!?

テッドはペニスを持っていない。
どうやって同僚の女とセックスをしたんだ?

あまりにも途中から、ただただ普通になってきて重要な部分を見過ごしてしまったのか?
奥の倉庫でテッドは従業員の女とセックスをするのだがテッドのピストン運動は素晴らしい。

そこで中だるみから目が覚めたって感じです。

テッド

そこまでやるんだったら最後までその勢いで終わってほしかった感があるのだが、制作者側は最後になって、テッドに感動を与え、ぬいぐるみとしてのかわいさを残したかったのか?

やっぱり、ぬいぐるみを売りたかったのか。

言っときます。

後半からラストにかけ『面白くないです。』ってかってみ思ったまでです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.