ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『カヴァルケード(大帝国行進曲)』イギリス上流階級の歴史を描いたアカデミー賞受賞作品

投稿日:2014年12月26日 更新日:

当時のアメリカで、ロングランした舞台劇、カヴァルケードを映画化したものです。
人気の舞台劇を映画化することで、さらに多くの人にこの作品が知れ渡り、今となっては歴史的な映画として名を残しています。

第6回『カヴァルケード(大帝国行進曲)』(Cavalcade)

イギリス貴族のある家族の波乱の物語で、その他監督賞、美術監督賞を受賞し、主演女優賞にもノミネートされました。
(残念ながら受賞せず。)

なかなか見ることのできない貴族の生活を舞台に描かれたこの映画は、一般の人には異世界のような感じだったのでしょうか。
見る人たちに魅力的に感じたのでしょうか。

それが、大ヒットにつながったんでしょうね。

スポンサーリンク


イギリス貴族のある家族の物語

1899年の大晦日の夜から、1932年の大晦日のよるまでを当時の大英帝国とともにロンドンのある家族の物語を描いた作品。

当時の世間に起きた出来事、事件流行が主人公の家族と重ね合わされていく。

勝ち組の話はやっぱり好きになれねーなと思うこのごろ。当時のイギリスの貴族はいい暮らししてんだと各所で見られる。
うーん。きらい。
まぁ予告までで、余裕があればゆっくり見ようとおもう。

あらすじ

英国のお偉いさん(名門)であるマリヨット家の当主ロバートは妻のジェーンと2人の息子、エドワード、ジョーを残して1900年に勃発したアヘン戦争に出征する。

マリヨット家の召使いぶりブリジェスも妻のエレンと娘のファニイと別れ、ロバートの従兵として南アフリカの戦地へ向かう。

ロバートは各地を転戦しながら輝かしい功績を残し、勲功を得て凱旋帰国と同時に貴族の仲間入りとなる。
それから十数年後マリヨット家の長男は婚約、弟のジョーは陸軍中尉となり、召使いであったブリジェスはロンドンの酒場で豊かな生活を送っていた。

しかし、ブリジェスはある時、自動車事故で非業の死を遂げてしまう。

ご興味がある方は以下のリンクでどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.