ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『我が家の楽園』人間味があふれたアカデミー賞受賞映画

投稿日:2015年1月4日 更新日:

アカデミー賞でも、なかなか最優秀作品賞が取れないジャンルのコメディ映画で見事に受賞した作品、『我が家の楽園』

当時は、結構コメディ映画も受賞していたようですね。前回の『或る夜の出来事』もそうですが、なぜか、今はコメディはアカデミー賞からは薄れている傾向があります。

やはり、今のコメディはちょっと下品な作品が多いのでしょうね。
当時のコメディは「オシャレ」って感じです。

第11回アカデミー賞作品賞 『我が家の楽園』(You Can’t Take It With You)

人間味あふれたコメディ映画。 コロンビア映画制作でアカデミー賞の作品賞、監督賞を受賞。
『或る夜の出来事』『オペラハット』の名作を世に出したフランク・キャプラ監督の代表作となっています。

スポンサーリンク


この映画の原作である戯曲(ピュリッツァー賞受賞)を脚色し映像化した作品

人気ハリウッドスター、ジーン・アーサー、ジェームス・スチュワートが出演、また舞台出身のベテラン俳優ライオネル・バリモア、当時人気のコメディアンを起用し、人間味あるコメディ作品となりました。

あらすじ

大金持ちの実業家であるカービー氏は工業用地の買収の際、ある一家の反対にあい、計画が行き詰まってしまう。

その中、カービー家の跡取り息子・トニーは恋人のアリスにっプロポーズをする。

しかし、恋人のアリスはカービー氏の買収に反対した一家の娘であり、それを知ったカービー氏は2人の結婚に猛反対。 そこでアリスはなんとかカービー氏に気に入ってもらうため彼ら夫婦を自宅に招くことにするが。。。

心に残る名作コメディを一度見てみてはどうでしょうか。

我が家の楽園 [DVD]
我が家の楽園 [DVD]

posted with amazlet at 15.01.04
ファーストトレーディング (2011-02-17)
売り上げランキング: 67,394

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.