ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

スクリーンショット 2015-01-17 22.43.28

映画

『巴里のアメリカ人』アカデミー賞を総なめにしたダンス・ミュージカル映画

投稿日:2015年1月17日 更新日:

『巴里のアメリカ人』は主役をジーン・ケリーとレスリー・キャメロンで、アカデミー賞作品賞をはじめ、8つの部門に受賞されたダンス・ミュージカル映画です。

この素晴らしいストーリーを作ったのは脚本で作曲家出身のアラン・ジョイ・ラーナーでシナリオはすべてオリジナルとなっています。

ミュージカル映画でもその名を知られた名作中の名作。
1950年に作られた映画ですが、今でもこの映画のファンが根強く、人気は衰えていません。

ほんとにこんなに長い間愛され続ける映画ってなかなかないですもんね。
主人公のジーン・ケリーとレスリー・キャロンのパフォーマンスは申し分なく「素晴らしい」以外に言うことがないほど最高の演技なんです。

後半のシーンは映画ファンの間でも人気のある映画市場に残る最高のシーンとも言われているようです。
ジーン・ケリーとレスリー・キャロンが素晴らしいパフォーマンスは一見の価値あり!

ぜひ一度観て歴史にのこる素晴らしい映画を堪能してくださいね!

第24回『巴里のアメリカ人』(An American in Paris)

パリを舞台にアメリカ人画家とフランス人女性の恋を描いたミュージカル映画
映画のクライマックスは壮大な18分間のダンスシーンがあり、ラストシーンは魅力がいっぱいの作品です!

鮮やかな色彩と多くのエキストラが集まった壮大なパフォーマンスは素晴らしい意外にありません!
ただのミュージカルと思って見ると最後は釘づけ間違いなし。

CGもない時代にここまで素晴らしい演出をする映画はなかなかないです!

スポンサーリンク


主演は力強い踊りで定評のあるジーン・ケリー

共演は女優のレスリー・キャロン。パリの街や建物が総てセットで作られていて、逆にそれがパリらしい効果をもたらしています。
また、ジーンの魅力が一杯の、ミュージカルに仕上がっています。

あらすじ

パリに住むアメリカ人のジェリー・ミュリガンは、パリで一人前の絵かにきなる為、努力しているが、絵の勉強は一向に進まない。

しかし、友達はたくさんできた。
ジェリーの絵はフランス人にはさっぱりだったが、モンマルトルで開いた個展を訪れたミロ・ロバーツは彼の才能を認め、保証人にまでなってくれる。

ミロと一緒にキャバレーにいったジェリーは、清楚なパリ娘リズを見て一目惚れ、強引に彼女の電話番号を聞き出した。
あくる日から、ジェリーとリズは逢いびきを重ねていき、愛し合う仲となった。

しかしリズはアンリと内々に婚約していることをジェリーに隠していたのだった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.