ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『地上最大のショウ』サーカスを舞台に繰り広げるラブストーリー映画

投稿日:2015年1月18日 更新日:

『地上最大のショウ』はアカデミー賞作品賞と脚本賞を受賞しています。
この年のアカデミー賞候補作品には『真昼の決闘』、『静かなる男』などの名作映画がノミネートされていましたが、票が割れた結果、この作品に賞が転がり込んだと噂されました。

当時のマスコミも「受賞理由=不明」などと受賞結果を皮肉っていたようです。

しかし、作品のスケールの大きさと老若男女を問わずに楽しめるため、興行面においても、全米及び日本でも年間興行成績1位を記録し、文句無しの成功を収めています。

第25回『地上最大のショウ』(The Greatest Show on Earth)

サーカスを舞台に3人の男女が繰り広げるラブストーリー映画
また、彼らはそれぞれに恋心を抱く、サーカスを舞台に繰り広げられる三角関係でもあります。

また、3人が繰り広げるラブストーリーと並行し、ドキュメンタリータッチともいえるアクロバティックな演技のシーンが交差します。

スポンサーリンク


サーカスを題材にした傑作映画

一昔前のサーカスの雰囲気を忠実に残している映画。
ジェームズ・スチュワートが演じる道化師の役も素晴らしく、映画中の豪華なセットも迫力があり、最後まで飽きさせない内容になっています。

映画の終盤では、公演ツアーの移動をするサーカス団を乗せた列車にある問題が起きます。
そのスピード感溢れる列車の走行シーンは見所の一つです。

あらすじ

世界最大のサーカスとして知られているリングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリー一座に、新しく空中曲芸の名人セバスティアンが加わることになった。
この一座には元々ホリーという空中曲芸スターが人気を集めていたが、ホリーはセバスティアンに中央のリングを譲ることを快く思っていない。

ホリーを想う座長のブラッドも同じ気持ちであったが、一座の将来の為には仕方がないことだった。

稽古に励み、セバスティアンに勝とうとするホリーを心配そうに見つめる謎の道化師バトンズ。
しかし、それぞれの思いが交差し合いある事件を起こしてしまう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.