ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

地上より永遠に

映画

『地上より永遠に』シン・レッド・ラインなどの名作を描いた作家の小説を映画化したアカデミー賞作品

投稿日:2015年1月20日 更新日:

「地上より永遠に」は当時のアカデミー賞で数々の賞を獲得した名作です。
原作は「大激突」や「シン・レッド・ライン」を書いたジェームズ・ジョーンズの小説です。

兵隊の生活を描いたモノクロ作品で、物語の舞台は太平洋戦争開戦直前となっており、出世を目指す上官とその部下の兵隊たちの生活が描かれています。

物語の後半は日本軍の真珠湾攻撃シーンがあったり。
やはりこの時代の日本軍は敵ですからね。完全にアメリカから見れば悪者です。

全体的にこの映画はアメリカ男子の男らしい恋とロマンスが中心となり好きな方には素晴らしい作品と言えるのではないかと。
アカデミー賞をとるほどのロマンス映画なのでぜひ興味がある方は見る価値はありますよ!

第26回『地上より永遠に』(From Here to Eternity)

戦争直前の兵士達の生活を描く映画。作品賞を含め、監督賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、録音賞、編集賞を獲得。また、1994年米国連邦議会図書館にてアメリカ国立フィルム登録簿に登記された作品であります。

スポンサーリンク


モノクロ作品に戻りました

兵隊生活を描いた太平洋戦争開戦直前の映画。舞台はハワイの兵舎。
ようは、戦争に突入してぐっちゃんぐっちゃんになる映画ぽいです。

戦争映画に恋愛も取り入れた作品でちょっと変わった映画になっているようです。

あらすじ

1941年、ハワイ、スコフィールド兵営。そこへラッパ手のプルーイットが転属される。
彼は前の舞台である事故を起こしており、中隊長にボクシングへ誘われるが、その誘いを断る。プルーイットは孤立してしまい、分隊長からひどいシゴキを受けることになる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.