ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『マイ・フェア・レディ』オードリー・ヘプバーンのアカデミー賞主演作品

更新日:

「マイ・フェア・レディ」はオードリー・ヘプバーンの主演作品であり、アカデミー賞受賞作品です。
アカデミー賞で数々の主要部門を総なめするほどの名作でした。

しかし、数々の賞を獲得する中、主演女優賞をライバル候補のジュリーアンドリュースに奪われると、オードリーは悔しさのあまり、授賞式後に周囲に激しく八つ当たりするというエピソードがあります。

スポンサーリンク


第37回『マイ・フェア・レディ』(My Fair Lady)

美しき時代のオードリー・ヘプバーンの映画。
1964年のアメリカ映画。作品賞の他、監督賞、編曲賞、録音賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、男優賞と計8部門を受賞しました。

もともとこの映画はミュージカル舞台がもとであり、ブロードウェイで公演されてロングランヒットになり映画化につながりました。
そこで主役に抜擢されたのがオードリー・ヘプバーンで、映画が大当たりしたのです。

若き頃の美しいオードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンの映画の中でも最高傑作とも言われています。
私は、『ティファニーで朝食を』くらいしか知らなかったのだが、まさかミュージカルをしているとは思いませんでした。。。
これは一回見る価値あるかも。

映画では、オードリー・ヘプバーンの歌は吹き替えでありましたが、1994年に発売されたLDのスペシャルコレクションで本人によってレコーディングされた音源も収録され話題になりました。

あらすじ

『フィラデルフィア物語』のジョージ・キューカー監督が、オードリー・ヘプバーンを主演に迎えて贈る傑作ミュージカル映画。
ヒギンズ教授はひょんなことから花売り娘のイライザをお嬢様に仕立て上げることになり…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 AllRights Reserved.