ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

godfather2

映画

『ゴッドファーザー PART II』前作を超えたアカデミー賞最優秀作品

投稿日:2015年2月14日 更新日:

「ゴッドファーザー PART II」はアカデミー賞最優秀作品に輝いた、フランシス・フォード・コッポラ監督の名作映画です。
前作「ゴッドファーザー」の続編で、コルレオーネ・ファミリーを継承したマイケル・コルレオーネのその後を語を描くと同時に、若かりし頃のヴィトー・コルレオーネがマフィアで力を上げていく姿を描きます。

はっきり言って文句なしの作品です。

第47回『ゴッドファーザー PART II』(The Godfather Part II)

名作を超えた名作!1974年のアメリカ映画でアカデミー賞作品賞の他、監督賞、助演男優賞、脚色賞、美術賞、作曲賞を受賞した前作「ゴッドファーザー」の続編です!

スポンサーリンク


あの名作ゴッドファーザーの続編!!

大ヒット作の続編は前作の後日談と共に前日談に相当し、物語の系統列は複雑に入り交じっている。

若き日のドン(ロバート・デ・ニーロ)と現在のその息子(アル・パチーノ)という2つのストーリーが入り交じり、物語は進んでいく。若き日のドンとして並外れた演技力を見せつけたロバート・デ・ニーロはアカデミー賞助演男優賞を受賞し、前作でも素晴らしい演技を見せつけたアル・パチーノは今作では闇の世界を牛耳るドンを演じる。

また、初代と2代目の二人の生き方が対照的であり、初代は周りの人たちに一目置かれる存在になっていくが、2代目は初代が育てたファミリーを束ねようとするが、なかなか思い通りにいかなく苦悩の日々を送っていく。

初代とは正反対に苦悩と葛藤、そして孤独を描いた作品である。

普及の名作

波乱の時代の中、ゴッドファーザーと人々に崇められるドン・コルレオーネを演じる若き日のロバート・デ・ニーロと、その彼が育て上げ、肥大化した組織を守っていく反面、苦悩と孤独に悩まされていくマイケルを演じたアル・パチーノの演技は尋常ではないほど圧巻される。

この映画を観ていると終止、ドキドキが止まらないしこの作品の世界にのめり込んでいく。
前作に負けないくらいのストーリーの完璧さ、ラストの爽快感は一言では表せない。

PART1と比較されることが多いが、どちらのひけをとらない名作

ちなみにPART3は前作に比べ、期待しすぎてしまった為、うーんって感じだ。
単体映画としては面白いと思うが、続編としてはつらい。。。

あらすじ

前作、『ゴッドファーザーPART1』で新しいファミリーのドンとなったマイケル。
一代で苦難を乗り越え、ファミリーを築き上げた父、ドン・コルレオーネとは対照的で、肥大化したファミリーを維持していく為に彼は苦悩して行く。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.