ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

rainman

映画

『レインマン』自閉症を演じきったダスティン・ホフマンの演技が凄すぎる!

投稿日:2015年3月3日 更新日:

「レインマン」はアカデミー賞最優秀作品賞に輝き、主演はダスティン・ホフマンとトム・クルーズです。
さらにこの作品はゴールデングローブ賞、ベルリン国際映画祭においてそれぞれ作品賞を受賞しています。

日本では2006年に舞台化され、チャーリー役に椎名桔平、レイモンド役に橋爪功が演じヒットしました。

とにかく、キャストは素晴らしいですが、何よりも脚本が素晴らしかったのではないでしょうか。
この素晴らしいストーリーがあるからこそ、キャストが変わっても物語の面白さは変わりませんよね。

もちろん、日本の俳優さんは素晴らしい方が演じられていますが。

第61回『レインマン』(Rain Man)

作品賞/監督賞/主演男優賞/脚本賞を受賞し、イケメンで自由奔放な青年と、自閉症の兄との出会いと人間としての変化を描いたヒューマンドラマです。

この作品の主人公で自閉症のレイモンドのモデルは、アメリカやイギリスで驚異的な記憶力が話題となったサヴァン症候群患者のキム・ピークです。

スポンサーリンク


ダスティン・ホフマンとトム・クルーズがハマリ役!これぞ名作です。

rainman2

ダスティン・ホフマンといえば「卒業」などの名作で有名になった名俳優ですが、そんな彼が今までの役とはまったく違う「自閉症」患者の役をしたのですが、本当にすごい!

ここまで自閉症の兄の役を演じきるダスティン・ホフマンの演技力は、本当に自閉症ではないのかと思うほどの演技。
一つ一つの動きやセリフの一言まで素晴らしいの一言です。

彼のこの演技が「レインマン」の成功を手にしてのかもしれません。
「クレイマー、クレイマー」の父親役も好きですが、このレインマンの自閉症の兄役もほんと、彼の演技に感動しちゃいます。

ちなみに、トム・クルーズはいつも通り、イケメンのプレイボーイ役ですが、これはこれで合ってる感じ。

この映画の成功はもちろん、ダスティン・ホフマンの功績はありますが、その彼の弟役を演じきったトム・クルーズの功績も素晴らしいと思います。

まさか、年をとってアクション映画ずくしになるとはこの時は一ミリも思っていませんでしたが。

よく動けるな。ほんと。

社会不適合者への想い

サヴァン症候群の主人公レイモンドは、自閉症であり、一人の力で日常の生活を送ることができません。
レイモンドは子供のような純粋な心を持ち、しかも普通の人とは桁外れの記憶力を持っています。

レイモンドは一人では一般社会では生活できないため、そこから隔離された生活を一生送るか、それとも一般人との交流を持ちながら生活を送るのが良いのか、そんな様々な想いが見え隠れします。

このようなことは日本でも当たり前のようにありますが、この映画を観ていろいろ考えてみてはどうだろうかとおもいます。

兄を想う、弟の愛

自由奔放なチャーリーが重度の自閉症の兄と出会い、兄に対し徐々に忘れていた愛情を取り戻して行く過程を面白おかしく、そして感動させてくれる映画です。

チャーリーは始めは兄を利用し父の遺産を横取りしようとするのだが、自閉症の兄と一緒に生活して行くうちにチャーリーの心は揺れ動いて行きます。

トム・クルーズの常にイケメンな演技は所々で鼻につくが、流石、アカデミー賞受賞作品。やはり、ダスティン・ホフマンの演技は群を抜いています。

実際にいる自閉症患者ではないのかと想うくらいの演技は素晴らしく、これはトム・クルーズでは無理でしょうっておもいます。

だから、これと言って癖の無い役だったのでしょうか。
いや、うまいですが、ダスティン・ホフマンが凄すぎて完全にイケメンが食われてるって感じです。

小学校の時に初めて観たが何も分からない子供のときでも面白い!って感じた名作です。

レインマンなど名作、アカデミー賞作品を見たいなら月額980円でHuluがオススメ!

あらすじ

事業に失敗して破産寸前のチャーリーのもとに、絶縁状態だった父親からの訃報が届く。

帰郷した彼は、父の遺産が匿名の受益者に贈られると聞きショックを受ける。その受益者とはチャーリーがその存在さえ知らなかった自閉症の兄レイモンドだった……。

名作映画はこちらで見放題!しかも安いしどこでも見れちゃいます!

超おすすめ!動画配信サービス!
Amazonプライム・ビデオ 年間3,900円で映画・ドラマ・アニメが見放題!
しかも、音楽は100万曲聞き放題でKindleも1か月に1冊無料!
Hulu 日本で今一番使われている動画サイト!
月々933円でいつでもどこでも見放題!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.