ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『シカゴ』名女優2人が繰り広げる有名ミュージカル映画!

投稿日:

chicago

「シカゴ」はアカデミー賞最優秀作品賞に輝いた大ヒット映画です。
1920年のシカゴを舞台に繰り広げられる主人公の波乱とスターダムへと上り詰める様子を描いたミュージカル映画です。

近年のヒット作に恵まれていなかったミュージカル映画ですが、この作品のそのジンクスを覆した作品としても有名です。

第75回『シカゴ』(Chicago)

2002年のアメリカ映画で作品賞/助演女優賞/美術賞/衣装デザイン賞/音響賞/編集賞を受賞した作品です。

ブロードウェイ伝説の振付師・演出家、ボブ・フォッシーによるトニー賞受賞作品『シカゴ』を映像化した作品で、とにかく、名女優2人の圧巻の演技に圧倒されます!

スポンサーリンク


キャサリン・ゼタ=ジョーンズの演技に圧巻

この映画でのリチャード・ギアは歌って踊れたのかということにまず驚きましたが、キャサリン・ゼタ=ジョーンズがブロードウェイ出身だとは知りませんでした!

また、演技は申し分ないですが、美しい歌と踊りの迫力に圧倒されてしまいました。
それに、助演女優賞をとっただけあり、レネー・ゼルウィガーを完全に喰っていたんですよね。

とにかく、この映画の3人(レネー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア)の主役は素晴らしい演技ですが、ハリウッドってとこは演技ができるだけではトップにのし上がれないと、実感させられちゃいます。

全体的にも主役の周りを固める役者人、ダンス、キャスティング、ストーリーとどれをとっても成度の高い作品であります。

作品を盛り上げる2人の悪女

『ブリジット・ジョーンズの日記』で有名な個性派女優レネー・ゼルヴィガー。彼女のビッチぶりは一見の価値があります。
また、歌も踊りも素晴らしく、この映画の為にかなりハードな訓練をしたようですだが、「かっちょいい!」の一言。

スタイルも抜群でブリジットの面影も無く、かわいく甘い声。
それに対し、グラマーでハスキーボイスのキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。
2人ともセクシーですが、それぞれの売りが違う所もこの映画の面白い所。

ミュージカル満載ですし、話の筋がしっかりしてるので引きずられないし、どこから現実で妄想なのか次第に気にならなくなってきます。
まぁ、リチャード・ギアのパンツ一丁の姿は正直どうかと思いますが。。。

あらすじ

1920年代のシカゴで、スターを夢見るロキシーが愛人殺害で逮捕される。
彼女が入った留置所には、かつてのキャバレーのスターで、夫と妹を殺したヴェルマがマスコミの注目を集めていた。

しかし、人気弁護士ビリーがロキシーを担当し、世間の目は彼女に注がれる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.