ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『ミュージック・ミュージック』記念すべき第1回最低映画ゴールデンラズベリー賞受賞作品

投稿日:

music_music

「ミュージック・ミュージック」は初の最低映画賞、ゴールデンラズベリー賞を受賞したミュージカルコメディ映画です。
記念すべきこの映画。これまでの映画賞とは一味も二味も違う異色の映画賞であり、出演者も当時はさぞお怒りになったことでしょうね。

ここまでくればこの映画賞もなかなか面白いはず。
今までの受賞作品をまとめていきます。

第1回『ミュージック・ミュージック』(Can’t Stop the Music)

記念すべき初の第1回の最低映画で1980年に作成されたアメリカのミュージカルコメディ映画です。

ヴィレジ・ピープルの誕生からデビューを描いたフィクションで評価は低く、興行成績も不発に終わるという悲しい結果だったようです。

スポンサーリンク


ヴィレッジ・ピープルの同名の主題歌が話題となったミュージカル映画

邦題は『ミュージック・ミュージック』。どういう理由でつけたか意味不明。
ヴィレッジ・ピープルの『ミュージック・ミュージック』や『YMCA』などのヒット曲に乗せて展開されるストーリーです。

白いドレスの女の踊りはまるで、デビュー前の井森みゆきのヘンテコダンスを彷彿させます。
なんとも言えぬ微妙な雰囲気。一体誰が見たいと思うのかわからない感がたっぷりです。

それに主人公がスティーヴ・グッテンバーグ。わかる人はわかると思いますが、ポリスアカデミーの主人公ケーリー・マホニー役をした俳優です。

コメディー路線としては問題ないと思いますが、流石に今回は大はずれ。
ポリスアカデミーの名脇役たちに助けられたことを感謝するべきかもしれないですね。

あらすじ
人気トップ・モデルのサマンサは華やかなキャリアを投げうって、街の小さなディスコでDJをしているボーイ・フレンドのジャックと共同生活を始める。
ジャックはアーティストグループを売り出そうとするが。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.