ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『インチョン!』世界で最悪の赤字を出した映画

投稿日:

inchon

「インチョン」は1982年にアメリカで制作された朝鮮戦争を題材にした映画で第3回ゴールデンラズベリー賞を獲得した最低映画です。
莫大な製作費をかけた超大作でしたが、映画評論家からは酷評をうけ、興行収入もひどいものでした。

第3回ゴールデンラズベリー賞『インチョン!』(Inchon!)

世界最悪の赤字を作った映画で1982年にアメリカ映画として作成されました。
ゴールデンラズベリー賞での受賞は最低・・・作品賞/男優賞/監督賞/脚色賞となっています。

スポンサーリンク


ビデオ化もDVD化もアメリカは公式にせず。

題名からも分かる通り、朝鮮戦争を題材にした映画ですが、内容がひどすぎたようです。
キャストにはあの日本の名俳優、三船敏郎や当時のスター、ローレンス・オリヴィエが名を連ね、監督や、音楽にも一流のスタッフを迎え、制作費には約4600万ドルと5年の製作期間をかけた超大作でした。

しかし、映画評論家からは酷いバッシングというか酷評され、興行収入は350万ドルとまあ、酷いことになり。。。
当時としては世界最悪の赤字を出した映画となってしまいました。

それになんだかんだでこの映画、韓国側の財政的支援者に統一教会が絡んでおり、特別アドバイザーとして関与していたとか。
こういった経緯から、アメリカ国防省は軍人のエキストラを出演させる予定が取り下げになり、ビデオ化もDVD化もされることは無くなり、現在は統一教会所有のCATVや、YOuTubedなどの動画投稿サイトで観覧可能であるようです。

映画の評判

カンヌ国際映画祭には140分バージョンとして公開されたが評判は散々。
映画会社はアメリカの上映に際して、チケットに賞金1億円の宝くじまでつけたが、結果としては収益は上げられず、公開も打ち切りとなったようです。

こんな有様から、「世界最悪の赤字を作った映画」や「最も多くの制作費がかかったB級映画」という不名誉な称号を得たんですと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.