ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

medium_5911278202

ネットワーク技術

Cisco Static設定(デュアルスタック)簡単設定!

投稿日:2014年3月1日 更新日:

今回はCisco(IOS)スタティックルートの設定をデュアルスタックで設定したメモを記載します。
いろんな意味で凄く重要なルーティングの設定なので、覚えておきましょう。

スタティック設定は難しく考えることは無い

構成図

cisco_static_route

IPv6 Staticルートの設定はipv6コマンドを頭につけて、後はipv4スタティック設定とほぼ、変わらないです。
特にこれといったコマンドも書かなくて良いので大丈夫です。

IPv4との大きな違いと言えば、アドレス体系と、コマンド設定に始めに”IPv6”コマンドを設定する事です。
ただこれだけです。

ただし、そもそも論ですが、IPv6アドレスの意味を分かっていないとやっても難しいです。
IPv6アドレスはIPv4アドレスと違い、「.」で区切らず、「:」で区切ります。

しかも、IPv4は4つのブロック(4オクテット)でアドレスを構成していますが、IPv6は8ブロックでアドレスを構成しています。

ルータBの設定例

ip route 2.2.2.2 0.0.0.0 192.168.2.2
ip route 3.3.3.3 0.0.0.0 192.168.1.2
ipv6 route 2002:c0a8:FFFF:FFFF::2/128 2002:c0a8:FF00:2::2
ipv6 route 2002:c0a8:FFFF:FFFF::3/128 2002:c0a8:FF00:1::2
スポンサーリンク


ついでにデフォルトルートの設定も

デフォルトルートの設定は以下となる

ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 {ネクストホップアドレスor送信インターフェース}

 

ipv6 route ::/0 {ネクストホップアドレスor送信インターフェース}

まとめ

スタティックルートはルーティングの基本です。
ネクストホップを使って、その先のセグメント(ネットワーク)へ通信させる技術です。

始めの頃はよく使い方を間違ったり、混乱したり大変でした。じぶん頭悪かったんで。。。
スタティックルートの設定は他のプロトコルの設定に比べて凄く楽ですが、とても重要なルーティングの設定です。

なんだかんだで、いろんなところで使われるので重要な設定です。
何事も基本が大事なので一つ一つの設定を確実に覚えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-ネットワーク技術
-, , ,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.