ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

medium_3405811164

ネットワーク技術

juniper interfaceデュアルスタック(IPv4/IPv6)設定

投稿日:2014年2月23日 更新日:

Juniper インターフェース(デュアルスタック)の設定です。
Ciscoとの大きな違いと言えば、やはり、Juniper独自のsetコマンド。

Junosはコンフィグを設定する際は、コマンドでsetコマンドを使用します。
Ciscoにはないコンフィグの設定なので注意が必要です。

また、Junosはコマンドを設定しても、Ciscoのように即コンフィグに反映されません。
commitコマンドを実行するまでは設定は反映されないんです。

ここがやはりjunosの一番の醍醐味では無いでしょうか。
例えば設定を間違って入れてしまったらCiscoだと即反映され、多大な被害を被る事も。。。

でもjunosコマンドでは事前に設定内容を確認できるし、何と言ってもcommt checkコマンドで設定後のエラーチェックもしてくれます。

Junos interfaceでデュアルスタック設定コンフィグ

それぞれの対象機器でデュアルスタックを設定します。
設定自体はそれほど難しくないので、なれてしまえばこっちの物です。

構成図
Juniper_interface

スポンサーリンク


A)の設定例

set interface ge-0/0/0 unit0 family inet address 192.168.1.1/24
set interface ge-0/0/0 unit0 family inet6 address 2001:FFFF:FFFF:5::1/64

show | compare   →設定確認
commit check    →エラーチェック
commit       →設定!!

設定後config

interfaces {
ge-0/0/0 {
unit 0 {
family inet {
address 192.168.1.1/24;
}
family inet6 {
address 2001:FFFF:FFFF:5::1/64;
}
        }
    }
}

B)の設定例

set interface ge-0/0/0 unit0 family inet address 192.168.1.2/24
set interface ge-0/0/0 unit0 family inet6 address 2001:FFFF:FFFF:5::2/64

show | compare   →設定確認
commit check    →エラーチェック
commit       →設定!!

設定後config

interfaces {
ge-0/0/0 {
unit 0 {
family inet {
address 192.168.1.2/24;
}
family inet6 {
address 2001:FFFF:FFFF:5::2/64;
}
        }
    }
}

まとめ 設定後は必ずcommitコマンドで有効化すること

juniperはCiscoと違って、設定をするとすぐにコンフィグには反映されないです。
commitをすることによって設定は反映されます。

そしてipv6を設定する際、は“inet6”コマンドを忘れないこと!

ビミョーな違いに注意してくだい!!

はじめてのJUNOS
はじめてのJUNOS
posted with amazlet at 14.05.08
ジュニパーネットワークス
日経BP社
売り上げランキング: 733,016

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-ネットワーク技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.