ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

Windows

Windowsでcopyコマンドではなくmoveコマンドを使う!

投稿日:

Windowsコマンドでcopyコマンドを使うことがありますが、仕事上「move」コマンドを実施してほしいなど言われることあります。

copyコマンドとmoveコマンドとの違いは、「copy」は同じファイルを複製し、「move」はファイルを指定の場所へ移動するという感じでしょうか。

結構、忘れがちなのでメモしておきます。

Windows moveコマンドの使い方

Windows moveコマンドの使い方をメモっておきます。

まずは、コマンドプロンプトを立ち上げ、移動したいファイルのディレクトリに移動します。
※コマンドプロンプトの立ち上げ方は、「Windowsボタン」+「R」で「cmd」と入力します。

参照ディレクトリの変更は以下のコマンドを実施します。

cd /d C:\logs\test

C:\logs\test>

moveコマンドは以下のように設定します。
今回は、「192.168.1.1」の共有ファイルサーバーの「test」フォルダ向けにファイルを移動します。

move /Y TEST.txt \\192.168.1.1\test

これでファイルが移動していればOKです。

よく忘れがちで、あまり使わないコマンドですが、ご参考に。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-Windows

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.