ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

【C言語】定数の設定プログラム

投稿日:2014年8月12日 更新日:

C言語において「printf文」は文字列の表示だけではなく、書式を指定してデータを表示する「定数」があります。
今回は文字列以外のデータの表示プログラムをメモしていきます。

定数の設定例

以下の設定では、書式を使ったプログラミング例になります。

#vim test2.c
#include <stdio.h>

int main ()
{
    /*定数の出力設定例*/
    printf (&quot;%cは%sである。\n%dは%sである。\n%fは%sである。\n&quot;, 'a', &quot;半角ひと文字のアルファベット&quot;, 5, &quot;数字&quot;, 5.0, &quot;小数点を含めた数字&quot;);
}

//終了

上記で設定した出力結果が以下となります。

aは半角ひと文字のアルファベットである。
5は数字である。
5.000000は小数点を含めた数字である。
スポンサーリンク


書式指定例

今回使用した書式を以下にまとめます。

 

書式 意味
%d 整数 1,2,3、 -100
%f 実数 0.1、2.0、5.5
%c 文字 `a`、’A’
%s 文字列 “A”、”ABC”、”あいう”

上記の書式とデータが一致していないとエラーが発生するので注意が必要です。

Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉
アンク
翔泳社
売り上げランキング: 9,523

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.