ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

C言語while文で繰り返し処理

更新日:

while文もよく使う構文です。
こんな自分でも、サーバを触っているとちょいちょい見るやつです。

while文は以下のような処理になります。

◯◯が終わるまで□□を繰り返す

このような動きをさせたい場合「while文」は使いやすいです。

スポンサーリンク


while文の構文作成例

このwhile文はサーバエンジニアをされている方は、CentOSなどでは結構使われているのではないでしょうか。

例えば、何度も実行結果を繰り返し確認したい時。
かなり役に立ちますよね。

以下はカウントの値が5より大きな値になるまでの間、毎カウントごとに値を出力する構文です。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    int count = 0; /* while文の繰り返しに使うカウント数 */
    while (count <= 5){
        
        /* カウントの値を表示する */
        printf("%d\n",count);
        count = count + 1;
    }
    return 0;
}

実行結果

0
1
2
3
4
5

このように5までをカウントし、それを超えた時点(カウントが6)でプログラムを終了します。

do-while文

上記のwhile文と同様に、do-while文というのがあります。

do-while文は、まず処理を実行し、その後繰り返し条件を定義します。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    int count = 0;
    do {
        printf("%d\n",count);
        count = count +1;
    }while (count <= 5);      /* ここでwhile文を実施 */
    return 0;
}

こちらもwhile文と同じ処理結果が出ます。

0
1
2
3
4
5

こんな感じでwhile文は結構役にたつ構文なので頭に入れておきましょう。

Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉
アンク
翔泳社
売り上げランキング: 6,123

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 AllRights Reserved.