ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

medium_35397086

C言語

C言語でfor文の作成

投稿日:2014年10月25日 更新日:

for文は以下のような動きをします。

条件(処理)が真の間だけ与えられた文を実行し、それを繰り返す

という、whileと同じような動きをします。
違いは、ループに入る前の初期化(変数の初期化)を実施します。それ以外は特に異なるところはないです。

for文の書き方

for文は、少しめんどくさいですが、慣れればかなり使える構文となります。

#include <stdio.h>

int main (void)
{
    int count;
       /* ①         ②          ④  */
    for (count = 1; count <= 5; count++){
        /* ③ */
        printf("%d\n",count);
    }
    return 0;
}

実行結果

1
2
3
4
5

for文はwhile文と動きが異なります。

for 文の構文に番号をつけましたが以下のような動きになります。

for文の実行処理順番

  1. 初期値に値を代入(count = 1)
  2. 条件判定実施(count <= 5)
  3. 実行したい処理を実行(printf(“%d\n”,count);)
  4. カウントを追加(count++)

上記の動きは必ず頭に入れておく事!
わからなければ、何度も叩いていけば必ず覚えるはずです。

スポンサーリンク


for文の繰り返しのネスト

for文はfor文の中にさらに”for文を作成することができます。”

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    int out;
    int in;
    
    for (out = 1; out <= 2; out++){
        for (in = 0; in <= 5; in++){
            printf("%d\n",in);
        }
    }
    return 0;
}

実行結果

0
1
2
3
4
5
0
1
2
3
4
5

これ以外にも、for文の中にif文やwhile文などを入れて実行することで、いろんな処理をすることができます。
こちらの構文も結構、サーバでは使用することが多々あるので、覚えておきましょう。

Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉
アンク
翔泳社
売り上げランキング: 6,123

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.