ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ee9f02441225da920e05d256_640

サーバー技術

unboundでログを出力する設定

投稿日:2014年5月15日 更新日:

ee9f02441225da920e05d256_640

初期設定に於いてunboundでログを出力する設定をします。
unboundで初期設定ではログの出力がありません。

なので、ログを出力する手順をメモします。

credit: Unsplash via FindCC

unboundログ出力手順

ログの出力するやり方は簡単です。
unbound.confに”loglile:”を設定し、chroot設定が入っているので確認しながら該当ディレクトリ先に出力ログ用ディレクトリを作成します。

スポンサーリンク


unbound.confでログを出力する設定を追記

unbound.confにて以下を追記します。

# vi /etc/unbound.conf
logfile: "/var/log/unbound.log"
use-syslog: no

checkconfでエラーがないことを確認

# unbound-checkconf
unbound-checkconf: no errors in /var/unbound/unbound.conf

unboundではログをchrootしているので”/var/unnbound/log/unbound.log”として出力されます。
格納ディレクトリを作成して、権限を設定します。

# mkdir -p /var/unbound/var/log
# chown unbound:unbound /var/unbound/var/log

サービスを再起動します。

# service unbound restart
unbound を停止中: [ OK ]
unbound を起動中: [ OK ]

ログが出力されていることを確認します。

# pwd
/var/unbound/var/log
# ll
合計 4
-rw-r--r-- 1 unbound unbound 199 5月 7 16:11 2014 unbound.log
# tail -f unbound.log
[1399447400] unbound[21118:0] info: histogram of recursion processing times
[1399447400] unbound[21118:0] info: [25%]=0.001024 median[50%]=0.00256 [75%]=0.00341333
[1399447400] unbound[21118:0] info: lower(secs) upper(secs) recursions
[1399447400] unbound[21118:0] info: 0.000512 0.001024 5
[1399447400] unbound[21118:0] info: 0.001024 0.002048 2
[1399447400] unbound[21118:0] info: 0.002048 0.004096 12
[1399447400] unbound[21118:0] info: 0.004096 0.008192 1
[1399447400] unbound[21286:0] notice: init module 0: validator
[1399447400] unbound[21286:0] notice: init module 1: iterator
[1399447400] unbound[21286:0] info: start of service (unbound 1.4.22rc1).

以上です。
お疲れ様でした。

3分間DNS基礎講座
3分間DNS基礎講座
posted with amazlet at 14.05.19
網野 衛二
技術評論社
売り上げランキング: 182,175

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.