ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

【net-snmp】snmptrapdの設定

投稿日:

582376326_4aceedaa27

前回、net-snmpをインストールしましたが、今回は実際にsnmpトラップを受信する設定をします。

CentOSでNet-SNMPインストールと設定

snmptrapdはNW機器などから吐かれたトラップ(interfaceUP/DOWNなど)を受信します。
また、snmpを受信後、メールを送ったりすることも可能です。

credit: Pawel Kabanski via FindCC

snmptrapdを起動する

snmptrapdはnet-snmpをインストールした際、デフォルトであるので、まずは起動させましょう

# service snmptrapd start
# chkconfig snmptrapd on	#自動起動させる
# chkconfig | grep snmptrapd
snmptrapd       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
スポンサーリンク


snmptrapd.conf設定

snmpトラップを受信するために”snmptrapd.conf”を編集します。

# vi /etc/snmp/snmptrapd.conf

# traphandle SNMPv2-MIB::coldStart    /usr/bin/bin/my_great_script cold

authCommunity log,execute,net public	#追加
traphandle default /usr/bin/logger	#追加

ファイルの編集が完了した後は、snmptrapdを再起動し設定を反映させます。

# service snmptrapd restart

動作確認

snmpトラップで設定が反映されたかを確認します。

# snmptrap -v 2c -c public localhost '' systemStats 1 s "TEST TRAP Message"
# tail -f /var/log/message

Jun  3 17:38:13 TEST-log011 snmptrapd[9815]: 2014-06-03 17:38:13 localhost [UDP: [127.0.0.1]:54248->[127.0.0.1]]:#012DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (164875921) 19 days, 1:59:19.21#011SNMPv2-MIB::snmpTrapOID.0 = OID: UCD-SNMP-MIB::systemStats#011ccitt.1 = STRING: "TEST TRAP Message"
Jun  3 17:38:13 TEST-log011 qtadmin: localhost
Jun  3 17:38:13 TEST-log011 qtadmin: UDP: [127.0.0.1]:54248->[127.0.0.1]
Jun  3 17:38:13 TEST-log011 qtadmin: DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance 19:1:59:19.21
Jun  3 17:38:13 TEST-log011 qtadmin: SNMPv2-MIB::snmpTrapOID.0 UCD-SNMP-MIB::systemStats
Jun  3 17:38:13 TEST-log011 qtadmin: ccitt.1 "TEST TRAP Message"

以上です。
お疲れ様です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.