ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

ESXiテンプレート作成からデプロイまでの手順

更新日:

ESXiではベースとなる仮想サーバーの複製を作成することができます。
毎回、仮想サーバー作って、OSセットアップするのってホントめんどくさいですよね。

そんな時に便利な機能が、テンプレートとデプロイです。
ある程度セットアップができた仮想サーバーをベースとして、コピー(テンプレート作成)しておくことにより、テンプレートから新たに仮想サーバーを作成(デプロイ)することができます。

スポンサーリンク


テンプレート作成手順

対象となる仮想サーバを選択し、仮想マシンのパワーをオフにします。
デプロイ1

複製する対象仮想マシンを選択し、「ファイル」→「エクスポート」→「OVFテンプレートのエクスポート」をクリックします。
デプロイ2

「OVFテンプレートのエクスポート」画面が表示されますので、テンプレートの名前、保存先ディレクトリ、必要であれば説明欄を記載し、OKを選択します。
デプロイ3

すると、テンプレート作成が開始されますので少々お待ちを。
デプロイ4

テンプレートが作成されると以下のように、完了画面が表示されますので「閉じる」をクリックします。
デプロイ5

仮想マシン作成(デプロイ)手順

ESXiの画面から「ファイル」→「OVFテンプレートのデプロイ」を選択します。
デプロイ6

「OVFテンプレートのデプロイ」画面が表示されますので、保存先の対象ファイルを選択し、「次へ」を選択します。
デプロイ7

「OVFテンプレートの詳細」画面で「次へ」をクリックします。
デプロイ8

「名前と場所」では仮想マシンの名前を作成します。
デプロイ9

「ディスクのフォーマット」画面で「シンプロビジョニング」を選択し、「次へ」を選択します。
デプロイ10

「ネットワークのマッピング」画面から「次へ」を選択します。
デプロイ11

「終了準備の完了」で「デプロイ後にパワーオン」(任意)をチェックし、「終了」をクリックします。
デプロイ12

以下のように複製(デプロイ)を作成しますので少々お待ちを。
デプロイ13

「デプロイが正常に完了しました」が表示されたら、「閉じる」で終了します。
デプロイ14

以下のように、新しく仮想マシンが作成されれば成功です。
デプロイ15

おつかれさまでした。

サーバ技術をアップするためにレンタルサーバを使おう!

サーバー技術者になるためには、レンタルサーバは必須!
レンタルサーバでも自分なりに運用したり、ドメインを取得したり。

今まで「?」だったことがわかってきます。
サーバ、ネットワーク、Web、プログラミングエンジニアになりたいって思ったらまずはレンタルサーバで勉強してみませんか?

絶対、自分にとってプラスになることがあるはず!
自分に合ったレンタルサーバーを選ぼう!
エックスサーバー
老舗のレンタルサーバー!安定してます!一番のおすすめです!
ロリポップ!
初心者向け!100円から始められるレンタルサーバー!
Zenlogic
月額430円から始められる大容量のレンタルサーバです!
FUTOKAレンタルサーバー FUTOKA(14日間の無料お試し)
アダルトサイトも運営できる!自由度No1のサーバです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 AllRights Reserved.