ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

crontabの使い方

投稿日:2014年7月8日 更新日:

コマンドを定期的に実行してくれる便利機能です。
例えば10分おきに、「/var/log/message」コマンドを出力させたい場合に、このcrontabを使用することで可能になります。

ちなみに今回のOSもCentOSです。

crontabでの設定方法

cronは通常はrootで実行しますが、ユーザー単位でcronを実行したい場合は以下のコマンドで設定をします。

rootで設定
crontab -e


各ユーザー単位での設定
/etc/cron.d/ユーザー名
スポンサーリンク


crontab書式

crontabは以下のようなコマンドの書式となっています。

crontab [-u (user)] ( -e | -l | -r | -i | -s)

各オプションの使用用途

-e
crontabを編集します。

-l
crontab内の設定を表示します。

-r
現在設定されているcrontabを削除します。(※完全に削除されるので使用時は要注意)

-i
-rオプションの前につけることことによって(-ir)事項確認を聞かれるようになります。
「これホントに消すの?」ってなかんじ。

-s
SElinux絡みだがよくわからん。というか、つかわん。

設定書式説明

cronの実行コマンドですが、左から何時の時刻に設定するかをまず設定します。

* * * * * { 実行コマンド }

*はそれぞれ左から順に「分」「時間」「日」「月」「曜日」となっています。

設定の数値は以下のようになっています。
分 0-59
時 0-23
日 1-31
月 1-12
曜日 0-7(0or7は日曜日、月=1,火=2,水=3,木=4,金=5,土=6)

crontab基本設定

それでは実際に設定コマンドを紹介します。
コマンドは「/usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp」をさまざまな設定で実行していきます。

毎時10分になると実行

10 * * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

毎日AM9:10分になると実行

10 9 * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

毎月15日のAM9時10分になると実行

10 9 15 * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

5月15日のAM9時10分になると実行

10 9 15 5 * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

5月の毎週月曜日のAM9:10分になると実行

10 9 * 5 1 /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

10分ごとに実行

/*10 * * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

1時間ごとに事項

00 0-23/1 * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

毎日AM9時とPM10時に実行

00 9,22 * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

毎週月曜日と金曜日のAM9時とPM10時に実行

00 9,22 * * 1,6 /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

毎日AM9時~PM10時で1時間ごとに実行

00 9-22 * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

毎月15日のAM9時~PM10時で1時間ごとに実行

00 9-22 15 * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.