ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

【CentOS】snmpクライアント側の設定

投稿日:2014年7月10日 更新日:

サーバーをMRTGなどで監視する際に監視される側のサーバー(クライアント側)の設定も必要になります。

というか、そもそもSNMPって何ぞやというと。
サーバーやNW機器などの状態(CPUやメモリ)の確認トラフィックの監視、機器の異常を検知などができるプロトコルです。

今回はクライアントのサーバー(CentOS)から、SNMPサーバーへの設定手順をメモっときます。

snmpdを起動する

まずは、クライアントサーバーにsnmpがインストールされているか確認します。

# yum list | grep snmp
# yum list installed | grep snmp
net-snmp.x86_64         1:5.5-49.el6_5.1
net-snmp-libs.x86_64    1:5.5-49.el6_5.1
net-snmp-perl.x86_64    1:5.5-49.el6_5.1
net-snmp-python.x86_64  1:5.5-49.el6_5.1
net-snmp-utils.x86_64   1:5.5-49.el6_5.1

既にインストールされているか

# rpm -qa | grep -i snmp
net-snmp-utils-5.5-49.el6_5.1.x86_64
net-snmp-libs-5.5-49.el6_5.1.x86_64
net-snmp-5.5-49.el6_5.1.x86_64
net-snmp-perl-5.5-49.el6_5.1.x86_64
net-snmp-python-5.5-49.el6_5.1.x86_64

SNMPをインストール

# yum -y install snmp

snmpを起動します。

# service snmpd start
snmpd を起動中: [ OK ]
スポンサーリンク


snmpd.conf編集

snmpd.confではSNMPサーバー、SNMPを出力するための設定をします。

# vi /etc/snmp/snmpd.conf

# Make at least snmpwalk -v 1 localhost -c public system fast again.
# name incl/excl subtree mask(optional)
#view systemview included .1.3.6.1.2.1.1
#view systemview included .1.3.6.1.2.1.25.1.1
view systemview included .1

# Make sure mountd is running
#proc mountd
proc mountd

# Check the / partition and make sure it contains at least 10 megs.

#disk / 10000
disk /

# load average checks
#

# load [1MAX=12.0] [5MAX=12.0] [15MAX=12.0]
#
# 1MAX: If the 1 minute load average is above this limit at query
# time, the errorFlag will be set.
# 5MAX: Similar, but for 5 min average.
# 15MAX: Similar, but for 15 min average.

# Check for loads:
load 12 14 14

snmp.confの設定が完了したら、再起動を実施します。

# service snmpd restart
snmpd を停止中: [ OK ]
snmpd を起動中: [ OK ]

SNMPサーバーで対象機器への情報取得

最後はSNMPサーバー側で以下のコマンドを叩いてMIBが取得出来ればOKです。

# snmpwalk -c public -v1 192.168.1.1
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: Linux ten-rancid011 2.6.32-431.17.1.el6.x86_64 #1 SMP Wed May 7 23:32:49 UTC 2014 x86_64
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: NET-SNMP-MIB::netSnmpAgentOIDs.10
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (14563) 0:02:25.63
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING: Root <root@localhost> (configure /etc/snmp/snmp.local.conf)
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING: ten-rancid011
SNMPv2-MIB::sysLocation.0 = STRING: Unknown (edit /etc/snmp/snmpd.conf)
SNMPv2-MIB::sysORLastChange.0 = Timeticks: (3) 0:00:00.03
SNMPv2-MIB::sysORID.1 = OID: SNMP-MPD-MIB::snmpMPDMIBObjects.3.1.1
SNMPv2-MIB::sysORID.2 = OID: SNMP-USER-BASED-SM-MIB::usmMIBCompliance
SNMPv2-MIB::sysORID.3 = OID: SNMP-FRAMEWORK-MIB::snmpFrameworkMIBCompliance
SNMPv2-MIB::sysORID.4 = OID: SNMPv2-MIB::snmpMIB
SNMPv2-MIB::sysORID.5 = OID: TCP-MIB::tcpMIB
~~

以上です。おつかれやんした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.