ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サーバー技術

RANCIDでCisco機器へssh接続ができない場合の設定例

投稿日:2014年11月8日 更新日:

RANCIDで設定を機器登録をしている際、コンフィグレーションモード前で止まっちゃうので、調べてみたらCiscoの設定ミスという、面倒くさい結果になったので、今後も忘れないように設定をメモしておきます。

結構、忘れがちなコマンドなので、気をつけておくこと。おれ。

CiscoのSSHコマンドの見落としに注意する

RANCIDのsshログインの設定は以下のようになります。

add     user            test-nw  rancid
add     method          test-nw  ssh
add     password        test-nw  <ログインパスワード> <enableパスワード>

RANCIDの設定はこのままでOKです。

詳しい設定方法は以下から。
【RANCID】NW機器コンフィグ差分管理ツールをインストール

CiscoがSSHの設定をしておけばOKですが、「clogin」をすると、なぜかenableコマンドを設定する前で止まってしまいます。

ということで見落としているところ。Ciscoの設定を見ます。

スポンサーリンク


SSHのusernameを確認してみよう

結局、今回こけたところは以下の設定です。
usernameの後に、「privilege」コマンドが設定されていなかったことです。。。

username rancid privilege 15 secret <パスワード> 

Cisco SSHの設定例は以下の記事で紹介していますのでご確認を。
Cisco機器へのSSH設定手順

ということで。忘れずにメモにしときました。

[第3版] Cisco LANスイッチ教科書
シスコシステムズ合同会社 基盤技術グループ
インプレスジャパン
売り上げランキング: 156,075

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.