ITエンジニア系ブログ。格安SIM、健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG




格安SIM_スマホ

格安SIMをネットで買うのが難しければ実店舗で直接購入するのがおすすめ!

投稿日:

格安SIMをネットから購入するのはハードルが高いという方は、迷わず実店舗で買うことをおすすめします。
初めて格安SIMを購入する方は何もわからないのは当然。あまり情報を収集していないでネット購入をしてしまうと後でとんでもないトラブルになってしまうことが多々あります。

格安SIMのトラブルについては以下の記事を参考にしてください。

キャリアから格安SIM乗り換え後の3大トラブル!後悔する前に一読を!

初心者にもお勧めする格安SIMの実店舗契約のメリットは、なんといっても、SIMに関する不明点や疑問点を対面で確認でき、解消できるというところではないでしょうか。
わからないところを質問しながら契約を進められるので、初めて格安SIMを購入する方でも安心感があります。

また、どの格安SIMを選べばいいのか迷っているときにも相談に乗ってもらえるので、初心者にはおすすめです。
さらに格安SIMのメリットは即日開通対応の窓口契約であれば、その日にSIMカードを受け取れるところです。セット端末を購入した場合は、SIMカードのセットなども代行してもらえることがあるので、セットの仕方がわからない方でも安心できます。

今回は格安SIMを実店舗で購入するメリットとおすすめSIMを紹介します。

格安SIMで迷っている方はIIJmio(みおふぉん)がおすすめ!
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】
※その他、あなたに合った格安SIM比較表はこちらから!
⇒格安SIM簡単比較!




格安SIM初心者は分からないことがその場で聞ける実店舗で格安SIMを購入しよう!

格安SIMを購入したいけどやり方がわからないという方は、迷わず実店舗で契約することをおすすめします。

実店舗契約は家電量販店で契約する方法と、キャリアショップのような独自店舗(mineoや楽天モバイルなど)で契約する方法に分かれています。

格安SIMを販売しているMVNOによっては独自店舗を全国に展開しているところもあれば、そもそも独自店舗を設置していないところもあります。たとえ、実店舗があっても都内にしか展開していないなど、キャリアのショップと比べると全体的に少ないのが現状です。

全国で利用できる間口の広さは家電量販店が勝っており、どの格安SIMを購入するのか迷っている方には複数の格安SIMの店舗があるのでおすすめです。
ただし、家電量販店であってもすべてのMVNOや準キャリアの窓口を用意しているわけではありません。

たとえばヨドバシカメラなど店舗によっては対応が変わってくるので事前に確認しておくことが大切です。

格安SIMを実店舗で購入する前に準備しておくもの!

実店舗に行けばその場で格安SIMを購入し、その日から使えるわけですが、事前に準備しておくものがないと実店舗に行っても契約できません。

契約するには必要となるものがあるので、事前にチェックしてください。

  1. 本人確認書類
    免許証やパスポートなどの身分証明ができるものが必要です。
    健康保険証などの場合は、公共料金領収書などの補助書類が追加で必要な場合もあるので注意しましょう。
  2. クレジットカード
    格安SIMを毎月支払うために必須です。
    格安SIMは基本的に支払はクレジットカードになり、本人名義のカードが必須です。
    未成年の場合は親の同意が必要となり、MVNOによっては銀行引き落としなども可能となります。
  3. メールアドレス
    格安SIMの利用にはアカウント登録が必要です。
    事前にメールアドレスも用意しておいてください。キャリアメールしか持っていない場合はGmailアドレスを取得しましょう。
  4. MNP予約番号
    今まで使ってきた電話番号を引き続き使いたい方は、事前に今契約しているキャリアからMNP予約番号を取得しておきましょう。
    キャリアの専用窓口、もしくは電話などで申し込むとSMS経由で届きます。

MNP取得の手順は以下の記事にも書いているので参考にしてください。

格安SIMで同じ電話番号を利用するときはMNPを利用しよう!大手3社のMNP手順

自分が契約したい格安SIMのカウンターを探そう!

それでは実際におすすめの格安SIMですが、家電量販店ですと以下の格安SIMが実店舗を設置しています。
※家電量販店によって設置している実店舗が違うので事前に確認してください。

  • BICSIM(IIJmio)
  • UQmobile
  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBE
  • U-mobile
  • NifMo(ニフティ)
  • FREETEL
  • LINEモバイルなど

また、どの格安SIMがいいのかわからない方でも、店員さんに声を掛ければ相談にも乗ってくれます。
格安SIMの知識がなくても、現在使用しているデータ容量などから最適な格安SIMとプランを検討してくれます。

格安SIM単体もしくは、端末セットで契約の対象を決めよう!

それでは格安SIMを購入する際に、SIM単体か、端末セットを選びますが、それぞれの目的は以下のようになります。

格安SIM単体の購入

SIM単体での購入では以下のような理由がある方が契約します。

  1. 手持ちのスマホを継続で利用したい
  2. スマホを新規に、または中古で購入する予定がある
  3. 使いたいSIMフリースマホの機種がないのでとりあえず、SIM単体を購入する

SIM自体は音声通話可能な音声SIMとデータ通信のみのデータSIMの契約ができます。

格安SIM端末セットの購入

端末セットを購入される方は以下のような理由があります。

  • MVNOで販売しているMVNOに欲しいスマホがある
  • 新しいスマホを分割で購入したい
  • SIMのセットや設定に不安がある

端末セットはとにかくセットするのがめんどくさい方や初心者の方が多いですね。
実店舗であれば、簡単にセットしてくれるので、楽に格安SIMを始めることができます。

実店舗のいいところはキャリアのように実際に端末を触ってから購入することができます。
自分で触って使いやすい端末を選んでセット購入するのもいいかもしれません。

自分の生活スタイルにあった格安SIMのプランを選びましょう

格安SIMのプランは自分が1ヶ月にどれくらいのデータ容量を使うかによって決まります。

家の中で光回線を引いており、Wi-Fi接続が可能な環境であれば、1ヶ月3GBのプランで十分です。
また、家にWi-Fiがない、または屋外での利用がメインな方は1ヶ月6GBのプランを選ぶのが目安です。

さらに家族で格安SIMのシェアプランを選ぶ場合は10GB〜20GBあれば大丈夫です。

以下の記事は格安SIMのプランを紹介しているので参考にしてください。

格安SIM「かけ放題」を提供しているMVNO7社まとめ!プランによっては節約もできる!

家族で格安SIMを選ぶときはこちらの記事も参考にしてください。

格安SIMで3人以上の家族におすすめのファミリープランのあるMVNOはここだ!

プランを選んだ後は契約をしてその場で格安SIMを受け取って帰ろう!

格安SIMのプランが決まれば後は契約をするだけです。

手持ちのスマホを使用する場合は事前にその場で接続テストをしてもらえます。
格安SIMの設定も済ませてくれるので、契約後に自分で接続せずに済みます。

また、契約は実店舗でタブレットを使って簡単に契約を済ませれます。
一通り、契約内容に目を通し、契約情報を入力すれば完了です。

即日開通に対応したSIMであれば、30分から1時間ほどでSIMカードを受け取ることができます。

格安SIMをネットで購入するのが難しい方はぜひ実店舗に足を運んで購入してはいかがでしょうか。

※格安SIMに悩んでいるときはこちらから!
格安SIM簡単比較!
ドコモ回線でスマホもそのまま使えるおすすめ格安SIM(MVNO)比較
au回線でスマホもそのまま使えるおすすめ格安SIM(MVNO)比較
ソフトバンク回線でスマホもそのまま使えるおすすめ格安SIM(MVNO)比較










この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-格安SIM_スマホ

Copyright© GOISBLOG , 2018 All Rights Reserved.