格安SIM(MVNO)のLINEモバイルに乗り換える前のLINE設定と注意点

日本人でスマホを持っている人のほとんどは「LINE」を使っているのではないでしょうか。
今や連絡手段はほとんどラインですし、通話もLINEを利用している人もいます。

さらにLINEはMVNOで「LINEモバイル」も提供しており、LINEモバイルを契約すると、SNSのLINEがデータフリーで使い放題になる特典もついています。

LINEモバイルの詳細はこちらの記事を参考にしてください。

格安SIM(MVNO)のLINEモバイルのプランと価格、キャンペーンや通信速度などのまとめ

そんな誰もが利用しているLINEですが、キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討している方で、事前に知っておくべきLINEの設定と注意点を紹介します。

格安SIMに乗り換える前にLINEで準備する設定と注意点

それでは、今キャリアから格安SIMへの乗り換えを考えている方で、必ず字座縁に準備しておかないといけないことは、データ引継ぎのために以下の2つのどちらかを自分のLINEアカウントに登録しておくことが必要です。

  • メールアドレス
  • Facebookアカウント

この2つのうち、どちらか1つを登録しておけば大丈夫です。
しかし、FacebookとLINEの友達は分けたいなどの理由がある方はFacebookアカウントの登録はやめておきましょう。
ほとんどの方はメールアドレスで登録しているようです。

ただし、メールアドレスを登録する場合は、注意が必要となります。
もし、登録に大手キャリアのメールアドレス(ドコモ(docomo.co.jp)、au(au.co.jp)、ソフトバンク(softbank.co.jp))を登録すると、乗り換えた後に使用できなくなるので、必ず設定するメールアドレスは無料メールサービスである、GmailやYahooMailで登録することが重要です。

また、引き継ぎをする事前の設定において以下の設定も事前に実施しておきましょう。

  • 事前に登録済みのLINEのパスワードを控える
  • LINEの「アカウント引き継ぎ設定」をONにしておく

SMS対応の格安SIMは便利だが、おすすめはLINEモバイル!

格安SIMのプランでLINEを使うのであれば、とりあえずSMS対応のプランにしておきましょう。
SMS対応のプランがあれば、格安SIMに乗り換えた後もLINEの登録を簡単に行うことができます。

乗り換えた後の利用登録の手順は、通常のLINE登録の流れと一緒になります。

  1. 格安SIM乗り換え後、LINEで「新規登録」をタップする
  2. 「利用規約」等に同意するとSMSへ認証番号が贈られてくるので、その認証番号を入力すれば完了

ちなみに、LINEをメインに使う人で格安SIMに乗り換えを考えている人は「LINEモバイル」をおすすめします。
LINEモバイルを契約するとデフォルトで、LINEに関するデータ通信はカウントフリー(無料)になりますし、使い方によってはほかの格安SIMに比べて断然に安くなります。

その他にも、LINEユーザーにとってうれしい機能が多いので詳細は以下の記事を参考にしてくださいね。

格安SIM(MVNO)のLINEモバイルのプランと価格、キャンペーンや通信速度などのまとめ

要注意!格安SIMではID検索ができないが、「LINEモバイル」であれば、年齢認証・ID検索が可能!

LINEユーザで格安SIMに乗り換える場合は、ほとんどの格安SIMでLINEを利用することは可能です。
しかし、ある一定の機能が使えないものもあります。それが、友達を追加するときの「ID検索」です。

LINEのID検索ができない理由は、未成年保護のために18歳未満の利用者や年齢確認ができない利用者についてはLINEがID検索機能を制限と大手キャリアの契約内容を利用していることもあり、格安SIMでは「年齢認証」ができないため、ID検索もできないようになっています。

しかし、友達を追加するときには、その他の機能として、「QRコード」や「ふるふる」を利用することで大きな問題は起きませんが、格安SIMでは「年齢認証」と「ID検索」ができないということは頭に入れておきましょう。

ここで、注目するところは、格安SIMで唯一「年齢認証」と「ID」検索ができるのが「LINEモバイル」です。
LINEモバイルはLINEが提供する格安SIM(MVNO)であり、格安SIMでありながら、LINEの年齢認証が利用できるのが他社の格安SIMにはないメリットの一つとなります。

さらに、LINEモバイルではLINEの年齢確認ができるため、18歳以上であればID検索機能も利用できます。

LINEの機能をフルで使いたい方はLINEモバイルがおすすめ!

LINEユーザーであれば、格安SIMへの乗り換え先としては「LINEモバイル」が一番のおすすめです。
LINEモバイルでは契約申し込みの際に、年齢認証を行っているため、他のMVNOの格安SIMとは違い、「ID」検索をすることが可能で、LINEの機能をフルに活用することが可能です。

また、上記でも説明したように、LINEの通信は使い放題ですし、その他のSNS(Instagram、Twitter)などを使い放題できるプランも用意されています。
SNSの利用頻度が高い人にはおすすめの格安SIMです。

まとめ

キャリアから格安SIMへ乗り換える際は事前の準備はかなり重要です。
今では誰もが利用しているLINEは特に要注意なので今回の記事を参考にしてくださいね。

LINEユーザーで格安SIMへの乗り換えを考えている方はぜひ、「LINEモバイル」を検討してください。
キャリアから格安SIMへ乗り換える際は「年齢認証」や「ID検索」できませんが、「LINEモバイル」はその機能も含めフルで使用できます。

また、基本料金も他MVNOよりもやり方によってはかなり安くなるので、興味がある方は是非LINEモバイルを参考にしてくださいね。

それでは!

エンジニアのオンライン学習

ITエンジニアにおすすめの教材、オンラインスクールです。
無料からエンジニアの学習ができる教材などまとめているので参考にしてください。

おすすめオンライン教材
自宅で学習ができるオンラインスクール

ITエンジニアの開発・検証・学習としてインターネット上で専用のサーバ(VPS)を利用しましょう!
実務経験はVPSで学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

blank
げんき☆ひろき
インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!