ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

google_site_map2

WordPress

Google XML Sitemaps 4.0に更新したらインデックスが消えちまった件

投稿日:2014年3月31日 更新日:

おいおい。マジか。

Google XML Sitemapsを4.0に更新したら、Googleウェブマスターツールのインデックスが全部消えちまってるじゃねーかよ!

アップデートでsitemap.xmlが不要になった

WordPressで定番のサイトマップXML生成プラグイン、Google XML Sitemapsがアップデートしていました。

なんですが。
なんか、Fitch as Googleでインデックス送信しても、インデックスされなくなったんで、プラグインの設定見たら、こんなん書いてました。
google_site_map2

サーバ上のルートディレクトリに上げているsitemap.xmlを削除してというコメントがあったので削除をしてみたすよね。

それで、ぽちっと削除ボタン”try to delete them automatically”を押してサイトマップ削除。

簡単じゃねーかい。
らくしょーじゃねーかい。

google_site_map6

サーバーからもサイトマップが消えて、なんか新しく”sitemap.backup.xml”ってのができてるみたいっす。

よしよし。
それではインデックスの方はと。。。
どーん!!

インデックス登録が0!!!

google_site_map

スポンサーリンク


サイトマップの送信テストは問題ないようだ

ホントマジでへこたれることしてくれます。
今までのインデックス登録がきれいさっぱりなくなるなんて。。。

とりあえず、サイトマップの送信テストを実施!
google_site_map3

およ。
大丈夫。。。
google_site_map4

サイトマップはどーなってんの?

google_site_map5

なんか、大丈夫そうやん!
タグ、カテゴリー、アーカイブごとに子サイトマップ的なやつが生成されているみたい。

。。。いやでもインデックス登録が!!!

サーバーの負荷をかけない設計になっているとか

みやなびさんのページでこんな記事がありました。

XML Sitemap(WordPressプラグイン)が4.0にメジャーアップデート

  • 投稿記事の修正・更新時に毎度行っていた、すべてのアドレスを含んだサイトマップXMLを生成するプラグインの動作が、全体的ではなく部分的な生成になりサーバでのメモリ使用量が減少する(※ 検証中)
  • Google検索エンジンクローラのルール、「1ファイルでURLは50,000個以下」に対応できる

なるほど。
なんか、大丈夫みたいだが。。。

サイトを更新した際、今までサイトマップを全体的に更新していたのが、メモリの使用量を抑えるため、子サイトマップを使って部分的に更新するようにしたんですね。

・・・いやいや。
だから、今までのインデックス登録は!??

google_site_map7

ん??
なんか、変なことになってる。。。
青色のバーでインデックス登録って。。。

んじゃ、サイトマップを確認してみると。。。
google_site_map8

いーみーがーわーかーんねー。

まとめ

とりあえず様子見していきたいと思います。

もう心臓がつぶれそうです。。。

なにかわかり次第、随時報告します。

その後の話

4月3日追記:
先日の件からですが、まだそのままです。

index①

しかし、最新の公開した記事はGoogle検索でヒットするんです!
なんでかなーって、いろいろウェブマスターツールを調べると、Googleインデックスのインデックス ステータスが増えているではありませんか!
index②

つーことで、Googleのアルゴリズムが変わったんでしょうか。それともこのプラグインを導入することにより仕様が変わったのか。

じぶんはウェブ系の専門家ではありませんが、とりあえず最新の記事も検索にヒットするということで良しとします。

4月5日追記:
やっとこさ元に戻りました!
一週間位かかったのか…

やはり、site-mapが新しくなったら、一度マスターツールでインデックスがリセットされるみたいです。

スクリーンショット 2014-04-05 18.47.29

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-WordPress
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.