ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

Googleで検索されたおすすめ映画ランキングトップ10【2013年版】

更新日:

スポンサーリンク



googleで年間で最も検索された映画トップ10をランキングと動画で紹介します。
2013年は宮崎駿さん最後の作品【風立ちぬ】です。

その他は以下のようになります。

  1. 風立ちぬ
  2. プラチナデータ
  3. パシフィック リム
  4. クロユリ団地
  5. ワイルド・スピード
  6. モンスターズ ユニバーシティ
  7. 脳男
  8. ミニオン
  9. R100
  10. 華麗なるギャツビー
スポンサーリンク


トップは宮崎駿最後の作品

さすが宮崎駿。
文句無しの検索トップ。
これが最後の作品って言うのは凄く寂しい気もするが次の世代にバトンタッチということでおつかれさまでした。

これまで数多くの名作を生んできた宮崎監督だが、この最後の作品『風たちぬ』は今までとは全く違った『戦争』を中心に描かれた作品である。

しかし、これが絶賛の嵐。
多方面から涙が止まらないとのこと。

この主人公の青年は飛行機に没頭するエンジニアみたい。
ジャンルは違えども同じエンジニアとして共感がもてるね。

検索上位ランキング発表

それでは、2013年でもっとも多く検索された映画のランキングです。

第1位:風立ちぬ

宮崎駿最後の作品として今までのファンタジー映画とは全く違った「戦争」がテーマとなった作品です。
これまでの宮崎作品のファンとしては期待外れ?という感じになるかもしれませんが、この作品日本人なら見るべき映画だと思います。

そして宮崎駿の集大成ともいうべき映画ではないでしょうか。


第2位:プラチナデータ

東野圭吾によるミステリー小説を映画化した作品。
DNA操作によって検挙率100%、冤罪率0%を目指す近未来の日本を舞台に物語は繰り広げられ、DNAの情報によって犯罪の容疑者となってしまった警視庁特殊捜査機関の天才学者とそれを追う刑事を描いた作品です。

主演は嵐の二宮和也です。


第3位:パシフィック リム

突然太平洋の海底から現れた巨大怪獣に巨大ロボットで立ち向かう人間たちを描いた映画。
兵士たちが操縦する巨大ロボットは兵士2人組によって動き、うまく2人がシンクロしないと動かないんです。

日本の漫画、ロボットを尊敬している監督によって作られた作品ですが、これが結構面白い!
みごたえはありますよ!

ヒロイン役は菊地凛子で幼少期のころを芦田愛菜が演じます。


第4位:クロユリ団地

元AKBの前田敦子が主演をつとめたホラー映画。
この映画の監督は「リング」、「仄暗い水の底から」の中田秀夫監督のホラー作品でスピンオフのテレビドラマ「クロユリ団地〜序章〜」も作られているんです。

興行成績もよく映画観客動員ランキングは初登場1位となった作品でもあります。
続編の制作の話も上がっていますが、私的には本作とスピンオフでおなかがいっぱいかな?って感じです。

リングほどの衝撃はないって感じでしょうか。。。


第5位:ワイルド・スピード

文句なしの映画ですね!
とにかくここまでシリーズ化されて人気は落ちず、勢いが止まらない!

毎回公開されるたびに大ヒット御礼!
誰が見ても面白い映画です!とにかくストーリーもキャストも出てくる車もアクションも最高ではないでしょうか!

主演のポール・ウォーカーが交通事故で亡くなってしまいかなりショックでありますが、最後までいい作品を期待しております!


第6位:モンスターズ ユニバーシティ

子供ならだれでも大好きになれる作品。
一見怖いモンスターが出てくると思いますが、実は心が優しいかわいいモンスターたち。

そんな彼らを面白ろおかしく描いた作品は小さな子供から大人までファミリーで楽しめますよ!


第7位:脳男

首藤瓜於による推理小説を実写化した映画です。
連続殺人事件を起こす謎の青年を中心に描かれた作品で、小説は数々の賞を受賞しています。

原作は売上31万部を超えるヒットを出しており、映画では生田斗真が主しています。

相変わらずジャニーズか。。。
話題性はありましたが、その後はあまりパッとはしなかったのでないでしょうか。


第8位:ミニオンズ

ユニバーサルスタジオでも大人気のミニオンズ。

子供には大人気ですが、私は映画を一緒に見に行って後半は寝てしまいましたね。。。
大人にはちょっと退屈なところもあるのではないかと思う感じの作品です。

唯一キャラクターがかわいい!というところでしょうか。。。


第9位:R100

松本人志監督の作品ですが、松ちゃんは映画よりやっぱりコント職人の方があっていると思います。
個人的な感想ですが。

スクリーンではなくテレビでコントを作っている方が面白いし、松ちゃんらしいのかなって思うんですよね。
毎回彼の映画を見ると結局何を伝えたかったのか私にはわからなく。

「?」で終わってしまうんです。
松ちゃんの作品はやっぱりコントがいいですよね。。。

それとも私がまだまだってことでしょうか。


第10位:華麗なるギャツビー

F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を原作とした映画で、主演はレオナルド・ディカプリオが勤めています大富豪で自由奔放な生活を送るギャツビーの正体をある女性との恋を絡めながら描いた作品です。

ディカプリオの独特の演技が光り、話題作となった作品でカンヌ国際映画でオープニング作品として上映された作品です。


スポンサーリンク


まとめ

ランキングは日本での検索順位を元に作成していますので世界で検索された映画のトップ10ではないのでご了承を。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-映画
-, ,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ