ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

【C言語】定数の設定プログラム

更新日:

C言語において「printf文」は文字列の表示だけではなく、書式を指定してデータを表示する「定数」があります。
今回は文字列以外のデータの表示プログラムをメモしていきます。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内

定数の設定例

以下の設定では、書式を使ったプログラミング例になります。

#vim test2.c
#include <stdio.h>

int main ()
{
    /*定数の出力設定例*/
    printf ("%cは%sである。\n%dは%sである。\n%fは%sである。\n", 'a', "半角ひと文字のアルファベット", 5, "数字", 5.0, "小数点を含めた数字");
}

//終了

上記で設定した出力結果が以下となります。

aは半角ひと文字のアルファベットである。
5は数字である。
5.000000は小数点を含めた数字である。

書式指定例

今回使用した書式を以下にまとめます。

 

書式意味
%d整数1,2,3、 -100
%f実数0.1、2.0、5.5
%c文字`a`、'A'
%s文字列"A"、"ABC"、"あいう"

上記の書式とデータが一致していないとエラーが発生するので注意が必要です。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

Linuxアカデミーの資料が無料請求できます!
リナックスアカデミー【公式サイト】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.