ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

ESXiスナップショットの作成と履歴管理

更新日:

サーバーを構築する上で、基礎設定やらツールをインストールして編集したりしていると、構築を失敗してしまい、初めからOSを再インストールするってな経験ありませんか?

じぶんが、ガンガンやりまくってます。ほんとこれ、めんどくさいんです。

そんなことで、ESXiには「スナップショット」っていう超便利な機能があるので紹介します。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

スナップショットとはなんぞや

スナップショットって簡単に説明すると、「設定履歴と管理」をしてくれている機能です。

なんというか。あるツールをインストールする前にスナップショットを取っておくことで、ツールをインストール後OSがおかしくなってどうしようもなくなっちゃったって時に、インストール前の状態に戻してくれるっていうことなんです。

ネットワークエンジニアの方ならわかると思いますが、Juniperでもありますし、あとは「rollback」コマンドみたいなもんです。

スポンサーリンク


スナップショットの作成と使い方

スナップショットの使い方は簡単です。
以下で手順を説明します。

対象となる作成した仮想サーバーを右クリックし、スナップショット⇒スナップショットの作成をクリックします。
スナップショット_1

スナップショットの作成画面が表示されるので、名前と説明(どこまでの設定か)を記載します。
スナップショット_2

するとこんな感じでスナップショットが作成されます。「スナップショットマネージャー」で確認できます。
スナップショット_3

それでは、実際にスナップショットを使って、記録したときの設定の状態へ戻す手順です。
スナップショット⇒現在のスナップショットまで戻るをクリックします。
スナップショット_4

以下のポップアップのように確認画面が表示されるので「はい」をクリックすれば完了です。
スナップショット_7

つか、簡単です。
ESXiを使用して仮想サーバーを立てる際は「スナップショット」をこまめにとっていきましょう。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.