ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

NTPサーバへ時刻を同期させる

更新日:

サーバを立てるときに重要になるのが、時刻同期です。
例えば、身近な例で言うと障害や、何かしらの不具合がサーバーに生じた際、まず見るのはログメッセージ。

ここで、原因の追究とかしていくんですが、時刻があっていないと、一体、何時のメッセージが表示されているのか、まったくわからない。。。

ということで、定期的にNTPサーバーへ時刻同期させて、日本標準時刻に合わせる設定手順です。


Linuxアカデミーの資料が無料請求
リナックスアカデミー【公式サイト】

自宅で無料でオンラインブートキャンプができるようになりました!
オンラインブートキャンプ無料体験

IT系エンジニアNo1転職サイト
レバテックキャリア【公式ホームページ】

スポンサーリンク


ntpdateをインストール

NTPサーバに時刻同期させる為には、クライアントサーバーから問い合わせをしなければいけません。
そのために使われるコマンドが「ntpupdate」です。

ってことでコマンド叩きます。

# /usr/sbin/ntpdate
bash: /usr/sbin/ntpdate: そのようなファイルやディレクトリはありません

はい。死亡。

CentOSを標準インストールしておけば、大丈夫だと思いますが、じぶんはminimumで最低限度のインストールしかしていないので
「ntpdate」コマンドはありやせん。

それでは、yumリストで確認です。

# yum list | grep ntpdate
ntpdate.x86_64                           4.2.6p5-1.el6.centos           base

あるよねぇ。インストールします。

# yum -y install ntpdate
Installed:
ntpdate.x86_64 0:4.2.6p5-1.el6.centos
Complete!

NTPサーバーの同期先は「電磁波計測研究所 時空標準研究室」ってなんか国がやってるとこみたいなのでとりあえず、ここのNTPサーバーと同期します。

# /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp
7 Jul 10:02:54 ntpdate[16699]: step time server 133.243.238.243 offset 125663.614574 sec
# date
2014年  7月  7日 月曜日 10:03:02 JST

crontabを使って定期的に時刻同期させる

せっかく時刻同期したのに、そのうち時間がずれてしまったら困るので、定期的に「ntpupdate」を叩くようにするためcrontabコマンドを使用します。

crontab -e
*/5 * * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp
○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.