NTPサーバへ時刻を同期させる


サーバを立てるときに重要になるのが、時刻同期です。
例えば、身近な例で言うと障害や、何かしらの不具合がサーバーに生じた際、まず見るのはログメッセージ。

ここで、原因の追究とかしていくんですが、時刻があっていないと、一体、何時のメッセージが表示されているのか、まったくわからない。。。

ということで、定期的にNTPサーバーへ時刻同期させて、日本標準時刻に合わせる設定手順です。


ntpdateをインストール

NTPサーバに時刻同期させる為には、クライアントサーバーから問い合わせをしなければいけません。
そのために使われるコマンドが「ntpupdate」です。

ってことでコマンド叩きます。

# /usr/sbin/ntpdate
bash: /usr/sbin/ntpdate: そのようなファイルやディレクトリはありません

はい。死亡。

CentOSを標準インストールしておけば、大丈夫だと思いますが、じぶんはminimumで最低限度のインストールしかしていないので
「ntpdate」コマンドはありやせん。

それでは、yumリストで確認です。

# yum list | grep ntpdate
ntpdate.x86_64                           4.2.6p5-1.el6.centos           base

あるよねぇ。インストールします。

# yum -y install ntpdate

Installed:
  ntpdate.x86_64 0:4.2.6p5-1.el6.centos

Complete!

NTPサーバーの同期先は「電磁波計測研究所 時空標準研究室」ってなんか国がやってるとこみたいなのでとりあえず、ここのNTPサーバーと同期します。

# /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp
 7 Jul 10:02:54 ntpdate[16699]: step time server 133.243.238.243 offset 125663.614574 sec

# date
2014年  7月  7日 月曜日 10:03:02 JST

crontabを使って定期的に時刻同期させる

せっかく時刻同期したのに、そのうち時間がずれてしまったら困るので、定期的に「ntpupdate」を叩くようにするためcrontabコマンドを使用します。

crontab -e

*/5 * * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

以上です。お疲れ様でした。

以上です。


関連記事


ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!